z-test関数の使用例

z-test関数は、分散が既知であり、通常 30 を超える大型データ サンプルのz-test 統計分析に関連した値を特定する際に使用します。このセクションでは、サンプル データを使って、QlikViewで使用可能なz-test 関数の値を特定するためのチャートの作成方法を説明します。構文と引数については、各 z-testチャート関数のトピックを参照してください。

サンプル データのロード

ここで使用するサンプル データは、t-test関数の例で使用したものと同じです。このサンプル データは通常 z 検定分析には小さすぎますが、ここでは QlikViewで異なる z-test 関数の使用を説明する目的で使用します。

次の手順を実行します。

  1. 新規ドキュメントを作成します。
  2. ヒント: t-test関数用のドキュメントを作成したことがある場合、そのアプリを使ってこれらの関数のシートを新規作成することも可能です。
  3. ツールバーで [ロード スクリプトの編集] を選択し、次のスクリプトを入力します。

    Table1:

    crosstable LOAD recno() as ID, * inline [

    Observation|Comparison

    35|2

    40|27

    12|38

    15|31

    21|1

    14|19

    46|1

    10|34

    28|3

    48|1

    16|2

    30|3

    32|2

    48|1

    31|2

    22|1

    12|3

    39|29

    19|37

    25|2 ] (delimiter is '|');

    このロード スクリプトでは、crosstableに 3 つの引数が必要となるため、recno() が含まれています。よって、recno()により追加の引数 (この場合は各行の ID) が返されます。これが存在しない場合、Comparisonサンプル値はロードされません。

  4. スクリプトを保存し、[リロード] をクリックしてデータをロードします。

z-testチャート関数チャートの作成

次の手順を実行します。

  1. シートにストレート テーブルを追加し、軸として Typeを選択します。

  2. 以下の数式を追加します。

  3. ラベル 数式
    ZTest Conf ZTest_conf(Value)
    ZTest Dif ZTest_dif(Value)
    ZTest Sig ZTest_sig(Value)
    ZTest Sterr ZTest_sterr(Value)
    ZTest Z ZTest_z(Value)
ヒント: 意味のある値を表示するために、必要に応じてメジャーの数値形式を調整します。大部分の数値形式に対して[小数点以下の桁数] を 2 に設定すると、テーブルの読み取りが容易になります。たとえば ZTest Sigの場合は、数値形式に [数値] を使用し、書式パターンを # ## に調整します。

結果:

サンプル データの z-test関数の結果テーブルには次の値が含まれます。

Type ZTest Conf ZTest Dif ZTest Sig ZTest Sterr ZTest Z
Comparison 6.40 11.95 0.000123 3.27 3.66
Value 5.48 27.15 0.001 2.80 9.71

z-testwチャート関数チャートの作成

z-testw関数は、入力データ系列が加重 2 段組で発生した場合に使用します。この数式には、weight引数の値が必要です。ここで示す例では全体的に値 2 が使用されていますが、各観測値の weightを値として定義する数式を使用することもできます。

例と結果:  

z-test関数と同じサンプル データと数値形式をすると、z-testw 関数は次の値を含む結果テーブルを返します。

Type ZTestw Conf ZTestw Dif ZTestw Sig ZTestw Sterr ZTestw Z
Comparison 3.53 2.95 5.27e-005 1.80 3.88
Value 2.97 34.25 0 4.52 20.49