t 検定関数

t 検定関数は、2 つの母平均の統計学的検討に使用されます。2 サンプル t 検定は、2 つの標本が異なるものかどうかを調べます。これは、一般に、2 つの正規分布の分散が不明であり、かつ実験で小さな標本サイズが使用される場合に使用されます。

以下の t 検定統計関数は、各関数タイプに適用される標本のスチューデント検定に基づいてグループ化されています。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

参照項目: 標準的な t-testレポートの作成

2 つの独立標本による t 検定

次の関数は、2 つの独立標本のスチューデント t 検定に適用されます。

2 つの独立加重標本による t 検定

次の関数は、入力データ系列が加重 2 段組で与えられる、2 つの独立標本のスチューデント t 検定に適用されます。

1 つの標本による t 検定

次の関数は、1 標本のスチューデント t 検定に適用されます。

1 つの加重標本による t 検定

次の関数は、入力データ系列が加重 2 段組で与えられる、1 標本のスチューデント t 検定に適用されます。