Correl - チャート関数

Correl()は、2 つのデータ セットの集計相関係数を返します。相関関数はデータ セット間の関係を表すメジャーとして、チャート軸に対して反復処理される (x,y) 値のペアに対して集計されます。

構文:  

Correl([{SetExpression}] [DISTINCT] [TOTAL [<fld{, fld}>]] value1, value2 )

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
value1, value2 相関係数を測定する 2 つのサンプル セットを含む数式または項目。
SetExpression デフォルトでは、集計関数は選択されたレコード セットに対して集計を行います。Set 分析数式でレコード セットを定義することも可能です。
DISTINCT 関数の引数の前に DISTINCTという用語が付いている場合、関数の引数の評価から生じる重複は無視されます。
TOTAL

関数の引数の前に TOTALの文字が配置されている場合、現在の軸の値に関連しているものだけでなく、現在の選択範囲内にあるすべての可能な値に対して計算が実行されます。つまりチャート軸は無視されます。

TOTAL修飾子の後には、山括弧<fld> で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。

参照項目: 集計範囲の定義

制限:  

内部集計に TOTAL修飾子が含まれない限り、数式に集計関数を含めることはできません。 ネストされた集計関数が必要な場合、計算軸と組み合わせて高度な集計関数 Aggrを使用します。

データ ペアのどちらか、または両方にテキスト値またはNULL値、欠損値が含まれている場合、データ ペア全体が無視されます。

例と結果:  

結果
Correl(Age, Salary)

Employee nameおよびメジャーCorrel(Age, Salary) を含むテーブルでは、結果は 0.9270611 になります。結果は合計セルにのみ表示されます。

Correl(TOTAL Age, Salary))

0.927。これ以降は、読みやさの観点から小数点以下 3 桁で結果を示しています。

例で使用されているデータ:

Salary:

LOAD * inline [

"Employee name"|Gender|Age|Salary

Aiden Charles|Male|20|25000

Brenda Davies|Male|25|32000

Charlotte Edberg|Female|45|56000

Daroush Ferrara|Male|31|29000

Eunice Goldblum|Female|31|32000

Freddy Halvorsen|Male|25|26000

Gauri Indu|Female|36|46000

Harry Jones|Male|38|40000

Ian Underwood|Male|40|45000

Jackie Kingsley|Female|23|28000

] (delimiter is '|');