HRank - チャート関数

HRank()は expression を評価し、結果をピボット テーブルの現在の行セグメント内のその他の列の結果と比較します。この関数は、セグメント内の現在の例のランキングを返します。

構文:  

HRank([ total ] expression [ , mode [, format ] ])

 

戻り値のデータ型: デュアル

注: この関数は、ピボット テーブルでのみ有効です。他の種類のチャートでは、NULLを返します。

引数:  

引数 説明
expression メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
mode 関数の計算結果の数値表現を指定します。
format 関数の計算結果のテキスト表現を指定します。
TOTAL

チャートが 1 軸の場合、または数式の前に TOTAL修飾子が付加されている場合は、関数は列全体を評価します。 テーブルまたはテーブルに相当するアイテムに複数の縦軸が含まれる場合、現在の列セグメントには、項目ソート順の最後の軸を表示する列を除く、すべての軸列の現在行と同じ値を持つ行のみが含まれます。

TOTAL修飾子の後には、山括弧<fld> で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。

参照項目: 集計範囲の定義

ピボット テーブルが 1 軸の場合、または数式の前にtotal修飾子が配置されている場合は、現在の行セグメントは常に行全体になります。ピボット テーブルに複数の水平軸が存在する場合、現在の行セグメントには、項目ソート順の最後の水平軸を示す行を除くすべての軸行の現在列と同じ値を持つ列だけが含まれます。

順位付けは、デュアル値として返されます。列ごとに一意の順位付けがある場合は、1 と現在の行セグメント内の列数の間の整数になります。

複数の列がランキングを共有する場合は、テキストおよび数値表現を modeおよび format の引数で制御できます。

2 番目の引数 modeは、関数結果の数値表現を指定:

説明
0 (デフォルト) 共有グループ内のすべての順位が順位付け全体の中間値の下位側に入る場合は、すべての列は、共有グループ内の最も低い順位を取得します。
共有グループ内のすべての順位が順位付け全体の中間値の上位側に入る場合は、すべての列は、共有グループ内の最も高い順位を取得します。
共有グループ内の順位がランキング全体の中間値をまたぐ場合は、いずれの行も列セグメント全体の最高順位と最低順位の平均に相当する値を取得します。
1 グループ内のすべての列における最も低い順位。
2 グループ内のすべての列における平均順位。
3 グループ内のすべての列における最も高い順位。
4 最初の列における最も低い順位、その後はグループ内の列ごとに 1 ずつ増加。

3 番目の引数 formatは、関数結果のテキスト表現を指定:

説明

0 (デフォルト)

グループ内のすべての列における小さい値 &' - '&大きい値 (例: 3 - 4)。
1 グループ内のすべての列における小さい順位。
2 最初の列における小さい値、その後のグループ内の列は空白。

mode4 と format 2 の列の順序は、チャート軸のソート順で決定されます。

例:  

HRank( sum( Sales ))

HRank( sum( Sales ), 2 )

HRank( sum( Sales ), 0, 1 )