RangeTextCount - スクリプトおよびチャート関数

RangeTextCount()は、数値または項目に含まれる、テキスト値の数を返します。

構文:  

RangeTextCount(first_expr[, Expression])

戻り値のデータ型: 整数

引数:  

この関数の引数式には、レコード間関数を含めることができます。これらの関数は、その内部で値リストを返します。

引数 説明
first_expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

例と結果:  

結果
RangeTextCount (1,2,4)

0 を返します

RangeTextCount (5,'abc') 1 を返します
RangeTextCount (null( ))

0 を返します

数式を用いた例:

RangeTextCount (Above(MaxString(MyField),0,3))

現在の行とその上の 2 つの行で評価された MaxString(MyField)関数の 3 つの結果に存在するテキスト値の数が返されます。

例で使用されているデータ:

ヒント: このような場合、集計エラーを防ぐため MyFieldによるソートは無効にしておきます。
MyField MaxString(MyField) RangeTextCount(Above(Sum(MyField),0,3))
10

10

0
abc abc 1
8 8 1
def def 2
xyz xyz 2
9 9 2

例で使用されているデータ:

RangeTab:

LOAD * INLINE [

MyField

10

'abc'

8

null()

'xyz'

9

] ;