RangeSkew - スクリプトおよびチャート関数

RangeSkew()は、数値の範囲の歪度に相当する値を返します。

構文:  

RangeSkew(first_expr[, Expression])

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

この関数の引数式には、レコード間関数を含めることができます。これらの関数は、その内部で値リストを返します。

引数 説明
first_expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

制限:  

数値が見つからない場合は、NULLを返します。

例と結果:  

結果
rangeskew (1,2,4) 0.93521952958283 を返します
rangeskew (above(SalesValue,0,3))

現在の行とその上の 2 行で計算された数式 above()関数から返された 3 つの値域のスライド歪度を返します。

例で使用されているデータ:

CustID RangeSkew(Above(SalesValue,0,3))
1-20

-, -, 0.5676, 0.8455, 1.0127, -0.8741, 1.7243, -1.7186, 1.5518, 1.4332, 0,

1.1066, 1.3458, 1.5636, 1.5439, 0.6952, -0.3766

SalesTable:

LOAD recno() as CustID, * inline [

SalesValue

101

163

126

139

167

86

83

22

32

70

108

124

176

113

95

32

42

92

61

21

] ;

参照項目: