NumSum - スクリプトおよびチャート関数

引数 1 からNまでの数値の合計を返します。+ 演算子とは異なり、numsum関数は数値以外の値をすべて 0 として扱います。

注: numsum関数は、現在サポートされていません。RangeSum - スクリプトおよびチャート関数 関数をご使用ください。numsumを使用することもできますが、推奨されていません。

構文:  

NumSum(expr1 [ , expr2, ... exprN ])