Dimensionality - チャート関数

Dimensionality()は、現在の行の軸の数を返します。ピボット テーブルの場合、この関数は、集計以外の内容 (部分合計または折りたたまれた集計を含まない) を含む軸列の合計数を返します。

構文:  

Dimensionality ( )

戻り値のデータ型: 整数

制限:  

この関数は、チャートでのみ使用できます。合計が 0 の場合を除き、すべての行の軸数が返されます。ピボット テーブル以外のすべてのチャート タイプの場合は、合計行を除くすべての行の軸の数を返します。合計行の場合は 0 を返します。

例:  

Dimensionality の典型的な使用例は、軸に対して値が 1 つしかないときだけ計算を行いたい場合などです。

結果

UnitSalesを含むテーブルで、請求書が発送されたことのみ示したい場合:

IF(Dimensionality()=3, "Invoiced")