After - チャート関数

After()は、ピボット テーブルの行セグメント内の現在列の後の列に、ピボット テーブルの軸値で評価された expression の値を返します。

構文:  

after([ total ] expression [ , offset [,n ]])

 

注: ピボット テーブル以外のすべてのチャート タイプの場合、この関数は NULLを返します。

引数:  

引数 説明
expression メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
offset

offset n を 1 より大きい値にすると、数式の評価が現在の行から n 行右に移動します。

offset に 0 を指定すると、現在の行で数式を評価します。

offset が負の値である場合、After関数は、相応する正の offset 値が付いた Before 関数と同様に機能します。

n

3 番目のパラメータ nを 1 より大きい値にした場合、この関数は n 値の範囲を返します。つまり、オリジナルのテーブルのセルから右方向に n 行の各値を返します。

TOTAL

テーブルが 1 軸の場合、または TOTAL修飾子が引数として使用される場合は、現在の列セグメントは常に列全体と等しくなります。

参照項目: 集計範囲の定義

行セグメントの最後の列では、これより後に列が存在しないため NULL値が返されます。

ピボット テーブルに複数の水平軸が存在する場合、現在の行セグメントには、項目ソート順の最後の水平軸を示す行を除くすべての軸行の現在列と同じ値を持つ列だけが含まれます。 ピボット テーブルの水平軸の項目間ソート順は、上から下への軸の順序で定義されます。。

例:  

after( sum( Sales ))

after( sum( Sales ), 2 )

after( total sum( Sales ))

rangeavg (after(sum(x),1,3))は、在列のすぐ右の 3 つの列で評価された sum(x) 関数の 3 つの結果の平均を返します。