Frac - スクリプトおよびチャート関数

Frac()x の小数点の右側に端数を返します。ここで x は実数です。

小数部分は、Frac(x ) + Floor(x ) = xと定義されます。つまり、正の数値の小数部分は、数値 (x) とその前にある整数との差となります。

例: 11.43 の小数部分 = 11.43 - 11 = 0.43

-1.4 などの負の数の場合、 Floor(-1.4)= -2 となり、次の結果が得られます。
-1.4 の小数部分 = 1.4 - (-2) = -1.4 + 2 = 0.6

構文:  

Frac(x)

戻り値のデータ型: 数値

例と結果:  

結果
Frac( 11.43 )

0.43 を返します

Frac( -1.4 )

0.6 を返します