メイン コンテンツをスキップする

QlikView Server での Qlik License Service 通信用のプロキシの構成

Qlik License Service と License Back-end 間の通信をプロキシで処理できます。

Qlik License Service は QlikView April 2019 以降のリリースに組み込まれており、QlikView Server が署名付きキー ライセンスを使用して有効化されている場合に使用されます。Qlik License Service にはライセンスに関する情報が保管され、製品の有効化と権利の管理の際に Qlik によってホストされている License Back-end Service と通信します。License Back-end Service へのアクセスとライセンス情報の取得にはポート 443 が使用されます。

マルチノード展開の場合は、Qlik License Service は QlikView Management Service (QMS) が実行されているマシンにインストールされます。Qlik License Service のステータスは、Windows マシンで実行中のサービスのリストにある Qlik Service Dispatcher を起動して停止することによって管理できます。

Qlik License Service と Qlik License Back-end 間の通信をプロキシで処理するように構成できます。

QlikView Server では、Qlik License Service のプロキシの構成は、コマンド ライン パラメータを使用して行われます。HTTP スキームと HTTPS スキームの両方がサポートされています。

QlikView Server により、HTTP トンネルを介した通信時のライセンス サービスに対する June 2020 以降の NTLM と基本認証の機能が利用できるようになります。これにより、プロキシのトンネリングで認証を要求し、安全な環境を詳細に構成できるようになります。

次の手順を実行します。

  1. Qlik License Service の実行を処理する Qlik Service Dispatcher を停止します。

  2. デフォルトでは次の場所にある service.conf ファイルに移動します。
  3. %Program Files%\QlikView\ServiceDispatcher\service.conf

  4. セクション [licenses.parameters] を見つけます。このセクションには、デフォルトで次の行が含まれています。
  5. [licenses.parameters]
    -qv-mode=true
    -qv-auth-mode=ntlm

  6. 以下に示すように、行 -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888 を追加します。
  7. [licenses.parameters]
    -qv-mode=true
    -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888
    -qv-auth-mode=ntlm

    ここで、「http://myproxy.example.com」は会社のプロキシのアドレス、「8888」はプロキシが使用するポートです。

  8. プロキシのトンネリングで認証を要求するには、次の行を追加します。

    -proxy-uri=[プロキシの URI]
    -proxy-auth-mode=ntlm|basic|(認証なしの場合は空白にする)
    -proxy-user=[ドメインを含まないユーザー名]
    -proxy-encrypted-password=[パスワード]
    -proxy-domain=[ドメイン] (NTLM 用のみ)

  9. Encrypt-Password.ps1 -password [ユーザー パスワード] を実行します。

  10. ファイルを保存して閉じます。
  11. Qlik Service Dispatcher を再起動します。