メイン コンテンツをスキップする

クラウド展開

このページ上

クラウド展開

テスト クラウド展開フォルダーでは、QlikView Server に接続するクラウド展開 (Qlik Sense Enterprise SaaS または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes) を追加および構成できます。

注: QlikView April 2020 のリリースに伴い、Qlik Sense クラウド ハブへのリンクの公開は QlikView April 2019 では利用できなくなります。

クラウド展開

Load Doc Admins (ドキュメント管理者のロード) クラウド展開タブには、インストールされた QlikView Server に接続されているすべてのクラウド展開の一覧が表示されます。

AllowAlternateAdmin=1

新しいクラウド展開を追加するには、次をクリックします AllowAlternateAdmin=1アイコン、Add をクリックして、新しいテキスト ボックスに URLを入力します。新しいエントリが、左側パネルのツリー表示で利用可能になります。

Example:  

qvp://<mycomputer>/

編集

クラウド展開エントリを構成するには、 編集アイコン、Edit をクリックするか、ツリー表示でエントリをクリックします。これにより、選択したクラウド展開の 概要 タブが開きます。

[削除]

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 [削除]アイコン Delete をクリックします。

[Apply] (適用)

角の丸みには [Apply] (適用)変更を確認するため。

キャンセル

角の丸みには キャンセル変更を元に戻すため。

概要

テスト 概要タブでは、選択したクラウド展開の URL を確認できます。

General (基本設定)

テスト General (基本設定)タブでは、クラウド展開を QlikView Server に接続する場合の詳細設定を構成します。

場所

展開名

クラウド展開の名前。

API エンドポイント

クラウド展開のクラウド ハブへのアドレス。

プロキシ

プロキシ経由でクラウドに配布する、サーバーとポートの詳細を入力します。

サーバー

プロキシ サーバーの IP アドレス。

ポート

プロキシ サーバーと通信するために使用するポート。

QlikView ウェブ サーバー

ウェブ サーバー

ドロップダウン メニューに、展開内で使用可能なすべての QlikView Web サーバーがリスト表示されます。

配布設定

Disable distribution of links (リンクの配布を無効にする)

クラウド展開に対する QlikView ドキュメントのリンクの配布を無効にする場合はこのオプションを選択します。

Issuer configuration (発行者構成)

Qlik Cloud Services format (Qlik Cloud Services の書式)

ローカル ベアラー トークン (構成) を Qlik Cloud Services 書式で生成する場合はこのオプションを選択します。選択しない場合、トークンはテキスト ファイルとして生成されます。

Generate configuration (構成の生成)

ローカル ベアラー トークンの構成を開始するにはこのボタンをクリックします。

クリップボードにコピー

ローカル ベアラー トークン テキストをクリップボードにコピーするにはこのボタンをクリックします。

[Apply] (適用)

角の丸みには [Apply] (適用)変更を確認するため。

キャンセル

角の丸みには キャンセル変更を元に戻すため。

テスト

テスト テストtab you test the connection to the selected cloud deployment.

クラウド接続のテスト

テストする QDS クラスターの選択

ドロップダウン メニューに、展開内で使用可能なすべての QlikView QDS クラスターがリストされます。

テスト

このボタンをクリックして、選択したクラウド展開への接続をテストします。

テストの対象は、次のとおりです。

  • 認証トークンの作成: 認証トークン経由で通信を確認します。

  • クラウド API への接続: クラウド展開 API との通信を確認します。

  • ライセンス: クラウド展開ライセンスに次のタグが含まれるかどうかを確認します。QV_nodes>=1.

  • TCS への接続の前提条件: TCS サービス通信が許可されていうかどうかを確認します。