メイン コンテンツをスキップする

サービス

[Services] (サービス) ページでは、Windows サービスのステータスの概要を確認できます。ここから QlikView Distribution Service (QDS) を停止することもできます。

QlikView Distribution Service を停止させる

サービスのステータスは、自動的にリフレッシュされます。

設定

サービス名 (Service Name)

QlikView Server を、QlikView Publisher (QVP) のライセンスを使用して起動すると、以下のサービスが示されます。

  • QlikView Directory Service Connector (DSC)
  • Qlik License Service
  • QlikView Distribution Service (QDS)
  • QlikView Management Service (QMS)
  • QlikView Server (QVS)
  • QlikView Web Server (QVWS)

QlikView Server を、QVP のライセンスを使用しないで起動すると、以下のサービスが示されます。

  • QlikView Management Service (QMS)
  • QlikView Directory Service Connector (DSC)
  • Qlik License Service
  • QlikView ReloadEngine(サービスではない)
  • QlikView Server (QVS)
  • QlikView Web Server (QVWS)

右側パネルの [メッセージ (Messages)]でサービスのステータスをチェックするには、左側パネルの該当するサービスをクリックします。

動作サーバー (Running On)

[Running On] (動作サーバー) 列は、サービスが動作しているサーバーの名前を示します。サービスが複数のサーバー上で動作している場合は、サーバーの数が示されます。

状態

サービスの現在のステータスのことです。示される可能性のあるステータスは、次のとおりです。

  • 実行中 (Running)
  • 切断 (Disconnected)
  • <クラスタ内のサーバー総数> のうち <動作中のサーバー数> が動作中 (<Number of servers running> of <total number of servers in cluster> running)― クラスタ内の 1 つ以上の (ただし全部ではない) サーバーがダウンした場合。
  • 無効な設定 (Invalid Setup)― QlikView Management Service の複数のインスタンスが動作している場合。

アラートの表示 (Show Alert)

サービスが切断された場合にアラート機能を有効化する場合には、このチェックボックスをオンにします。

情報 (Information)

サービス ステータス メッセージ

[Service Name] (サービス名) の下のサービスをクリックすると、そのサービスに関するステータス メッセージがすべて表示されます。メッセージが表示され、その下に、サービス名に続いてステータスが表示されます。

config ファイルに適用されているカスタム設定のリスト

展開が QlikView November 2018 以降にアップグレードされている場合、展開内で DSCQDSQMS、および QVWS の各サービスに適用されている既定以外の config 値が、すべてリストに表示されます。

[Service Name] (サービス名) で該当するサービスを選択します。1 つ以上のカスタム値が設定されている場合、情報タブに [Non default config values for machine <machine-name>] (<マシン名> マシンの既定以外の config 値) と呼ばれるセクションが追加されます。QlikView サービスが複数のマシン上で実行されている場合、各マシンについて既定以外の値のリストが個別に作成されます。選択されたサービスにカスタム値が存在しない場合は、代わりに「All values are default」(すべての値が既定値です) というメッセージが表示されます。

QlikView サービスが複数のマシン上で実行されている場合、これらのマシンには、明確な相違を必要としない限り、同じ config 値が存在するはずです。QlikView Server で、異なるマシン上で同じ config 設定の不一致が特定された場合は、既定以外の config 値セクションの下に [Anomalies detected] (検出された異常) というセクションが追加されます。このセクションには、異なるマシン上で config 値が一致しない設定がリストされます。

既定以外の config 値のリストでは、カスタマイズされた各設定が [設定] にリストされ、exe.config ファイル内に存在する場合に表示されます。管理者によって変更された値は、 [Existing Value] (既存の値). 元の値は [既定値] の下にリストされています. 以下の例を参照してください。

Example 1:  

サービスは動作中であり、問題が発生したという報告はありません (The service is running without any reported problems)。

<マシン名>: 実行中 (Running)

All values are default (すべての値が既定値です)

Example 2:  

クラスタ内のすべてのサービスが動作中であり、問題が発生したという報告はありません (All services in the cluster are running without any reported problems)。

<machine-A>: 実行中 (Running)

<machine-B>: 実行中 (Running)

Non default config values for machine <machine-A> ((<machine-A> マシンの既定以外の config 値))

<machine-A> config 値
構成 Existing Value (既存の値) 既定値
DSCCacheSeconds 910 900
DebugLog true false

Non default config values for machine <machine-B> ((<machine-B> マシンの既定以外の config 値))

<machine-B> config 値
構成 Existing Value (既存の値) 既定値
DSCCacheSeconds 910 900

Anomalies detected (検出された異常)

DebugLog