メイン コンテンツをスキップする

ユーザー プロパティ: 場所

このページ上

ユーザー プロパティ: 場所

ここでは、QlikView での作業時に作成される一部のファイルのデフォルトのフォルダの場所を決定できます。また、QlikView Server および QlikView Publisher のドキュメント ファイル フォルダへのショートカットの設定にも使用されます。さらに、QlikView Server、QlikView Publisher、および QlikView AccessPoint のコントロール パネルの URL を指定できます。このページには、変更可能なリソースの場所のリストが含まれています。

ダイアログの上部のパネルには、変更可能なフォルダの場所のリストが含まれています。

  • リソース: 次のリソースの場所を変更可能です。
    • QVD バッファ
      QVD ファイルのデフォルトの格納場所です。ロード スクリプトの buffered プレフィックスを付けた load および select ステートメントにて生成されます。
    • テーマ
      ユーザー定義のレイアウト テーマ の既定の格納場所です。
    • ユーザー ドキュメント
      既定のルート フォルダの場所です。ユーザー ブックマーク、マイ レポート、およびユーザー アラートが格納されます。フォルダの内容を移動しないでこの場所を変更すると、既存のユーザー ブックマーク、マイ レポート、およびユーザー アラートが失われるため注意してください。
    • サーバー ドキュメント
      ここでは、QlikView Server ドキュメント フォルダの場所を適宜指定できます。
    • Publisher ドキュメント
      ここでは、QlikView Publisher ソース ドキュメント フォルダの場所を適宜指定できます。
    • QlikView Management Console (URL)
      ここでは、QlikView Management Console (QMC)、または QlikView Enterprise Management Console (QEMC) の URL を適宜指定できます。
    • QlikView Server AccessPoint (URL)
      ここでは、QlikView AccessPoint を示す URL を適宜指定できます。
    • QlikView SDK (URL)
      ここでは、QlikView SDK を示す URL を適宜指定できます。
    • ライセンス リース サーバー (URL)
      こでは、QlikView のライセンス リース サーバーを示す URL を適宜指定できます。
    • Publisher 認証テーブル (URL)
      ここでは、QlikView Publisher で作成されたセクション アクセス認証テーブルを示す URL を適宜指定できます。セクション アクセス管理は、QlikView Management Console (QMC) で設定されています。詳細については、QMC のヘルプを参照してください。

  • 場所:  個々のフォルダーがある場所へのパス。
  • リセット: このボタンは、選択したリソースの場所を QlikView のデフォルトにリセットします。リストに表示されたパスの前には <初期設定> というテキストが付きます。
  • 編集: リソース フォルダの変更時は、このボタンによって フォルダの参照 ダイアログが開きます。選択したフォルダをどの場所にするかを参照できます。URL のリソース変更時、このボタンにより開くダイアログで URL を入力できます。