メイン コンテンツをスキップする

シート

このページ上

シート

QlikView ドキュメントは 1 つ以上のシートを持つことができます。シート上にはシート オブジェクトが配置されます。各シートには多くのシート オブジェクトを入れることができます。シートはロジックとは無関係です。2 つの項目が論理的に関連しているとして、それらは同じシートにあっても別のシートにあってもかまいません。選択を行った場合の論理的な結果は同じです。

作成

新しいシートは、[レイアウト] メニューから [シートの追加] を選択するか、ツールバーの [シートの追加] ボタンをクリックして作成します。

ナビゲーション

すべてのシートには、シート名が表示されたタブが付いています。タブ上でクリックすると、そのシートがアクティブになります。[シート] ツールバーがアクティブな場合は、ツールバー ドロップダウンでシートを選択することで、シートをアクティブにすることもできます。

タブ上で右クリックすると、次のコマンドが入ったコンテキスト メニューが表示されます。

  • タブ行 プロパティ: タブのフォントを選択するためのダイアログが表示されます。使用できるのは Truetype フォントのみです。
  • シート プロパティ: シートを選択し、[シート プロパティ] ダイアログを表示します。ここで、シートの背景、表示する項目、デフォルトのフォント、オブジェクトの外観など、シート固有のパラメータを指定できます。この選択肢は、現在アクティブなシートのタブをクリックした場合にのみあります。
  • シートのコピー: シート オブジェクトがすべて入ったシート全体の完全なコピーを作成します。コピーには "シート名 のコピー" という名前が付けられ、ドキュメントの最後のシートとして配置されます。
  • シートを左へ: シートを 1 つ左に移動します。
  • シートを右へ: シートを 1 つ右に移動します。
  • ヘルプ: コンテキスト特定ヘルプを開きます。
  • 削除: シートをアクティブにし、次にそれを削除します。

アクティブなシートのタブをクリックすると、コンテキスト メニューには リスト ボックスの追加シート オブジェクトの追加 コマンドも含まれます。このコマンドの説明については、下を参照してください。

シート タブには、選択内容があることを示す選択インジケータ (小さなビーコン) が付いている場合があります。これらは、アクティブなシートには表示されていない選択内容が表示される非表示シートのタブに表示されます。