メイン コンテンツをスキップする

シート:[オブジェクト] メニュー

メニュー コマンドは次の通りです。

  • プロパティ:シート プロパティ ダイアログを開きます。ここから、シートを定義する要素を設定できます。
  • 項目の選択: [シート プロパティ: 項目] ページを表示します。シートにリスト ボックスとして表示する項目などを選択できます。
  • 新規シート オブジェクト: シート オブジェクトをリストするサブ メニューを開きます。
  • シートのコピー: シート オブジェクトがすべて入ったシート全体の完全なコピーを作成します。コピーには "シート名 のコピー" という名前が付けられ、ドキュメントの最後のシートとして配置されます。
  • シート オブジェクトの貼り付け: クリップボードにコピーされたシート オブジェクトをシートに貼り付けます。このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+V。
  • シート オブジェクトをリンクとして貼り付け: クリップボードにコピーされたリンク オブジェクトをシートに貼り付けます。オブジェクトは直接オリジナルのオブジェクトにリンクされ、すべての属性とオブジェクト ID を共有します。
  • 印刷:プリンタ設定を指定できる [印刷] ダイアログを開きます。 [印刷] は、シート オブジェクトを含むシート領域の画像を表示します。
  • 画像をクリップボードにコピー: シート領域 (のみ) のビットマップ画像を クリップボード にコピーします。
  • 画像をファイルにエクスポート: 現在のシートのイメージをファイルに保存するためのダイアログを開きます。イメージは、bmp、jpg、gif、または png 形式で保存できます。
  • ヘルプ: QlikView ヘルプを開きます。
  • 削除: シートとそのすべてのシート オブジェクトを削除します。