メイン コンテンツをスキップする

AutoNumber

このステートメントは、スクリプトの実行中に検出される個々の評価値について、一意の整数値を作成します。

LOAD ステートメント内では autonumber - スクリプト関数 関数も使用できますが、最適化されたロードを使用する際にいくらかの制限があります。最適化されたロードを作成するには、まず QVD ファイルからデータをロードし、その後、AutoNumber ステートメントを使用して値を記号キーに変換します。

Syntax:  

AutoNumber fieldlist [Using namespace] ]

Arguments:  

引数
引数 説明
fieldlist

項目のコンマ区切りされたリストで、値は記号キーに変換されています。

項目名でワイルドカード文字「?」と「*」を使用して、一致する名前の項目すべてを含めることができます。「*」を使用して、項目すべてを含めることもできます。ワイルドカードを使用する時は、項目名を引用する必要があります。

namespace

Using namespace はオプションです。異なる項目の同一値で同一キーを共有する namespace を作成する場合は、このオプションを使用します。

このオプションを使用しない場合、すべての項目には個別のキー インデックスがあるようになります。

Limitations:  

スクリプトに複数の LOAD ステートメントがある場合、AutoNumber ステートメントは、最後の LOAD ステートメントの後に配置する必要があります。

Example:  

この例では、メモリを節約するために、AutoNumber ステートメントを使用して、項目値を記号テーブル キーに置き換えます。この例は、デモのために、簡略化したものになっていますが、この方法が効果的なのは、多数の行が含まれるテーブルで使用した場合です。

データの例
Region Year Month Sales
North 2014 May 245
North 2014 May 347
North 2014 June 127
South 2014 June 645
South 2013 May 367
South 2013 May 221

インライン データを使用して、ソース データをロードします。それから、RegionYear、および Month 項目がある AutoNumber ステートメントを追加します。

RegionSales: LOAD * INLINE [ Region, Year, Month, Sales North, 2014, May, 245 North, 2014, May, 347 North, 2014, June, 127 South, 2014, June, 645 South, 2013, May, 367 South, 2013, May, 221 ]; AutoNumber Region, Year, Month;

結果テーブルは、次のようになります。

結果テーブル
Region Year Month Sales
1 2 1 245
1 2 1 347
1 2 2 127
2 2 2 645
2 1 1 367
2 1 1 221

Join the Analytics Modernization Program

Modernize by leveraging your QlikView investment to begin using Qlik Sense on the Cloud.

Want to know more?
Remove banner from view