メイン コンテンツをスキップする

Timestamp# - スクリプトおよびチャート関数

Timestamp#() は、書式文字列が提供されている場合を除き、ロード スクリプトまたはオペレーティング システムのタイムスタンプ書式設定で、数式を日付と時刻の値として評価します。

Syntax:  

timestamp#(text[, format])

Return data type: デュアル

Arguments:  

Timestamp# 引数
引数 説明
text

評価対象のテキスト文字列。

format 結果として返される日付と時刻文字列の書式を設定する方法を記述する文字列。省略されている場合は、オペレーティング システムで設定された短い日付書式、時間書式、および小数点記号が使用されます。タイムスタンプに ISO 8601 がサポートされています。

Example:  

次の例では、日付形式 M/D/YYYY を使用しています。日付形式は、データ ロード スクリプトの先頭にある SET DateFormat ステートメントで指定されます。

アプリにこの例のスクリプトを追加して実行します。

Load *,

Timestamp(Timestamp#(String)) as TS;

LOAD * INLINE [

String

2015-09-15T12:13:14

1952-10-16T13:14:00+0200

1109-03-01T14:15

];

 

String および TS を軸として使用し、テーブルを作成する場合、結果は次のようになります。

例 1 の結果
String TS
2015-09-15T12:13:14 9/15/2015 12:13:14 PM
1952-10-16T13:14:00+0200 10/16/1952 11:14:00 AM
1109-03-01T14:15 3/1/1109 2:15:00 PM