メイン コンテンツをスキップする

Date - スクリプトおよびチャート関数

Date() は、ロード スクリプトのシステム変数またはオペレーティング システムの書式設定、または提供されている場合は書式文字列を使用して、数式を日付として書式設定します。

Syntax:  

Date(number[, format])

Return data type: デュアル

Arguments:  

Date 引数
引数 説明
number 書式設定する数値。
format 結果文字列の形式を説明する文字列。書式文字列が提供されていない場合は、オペレーティング システムが使用している日付形式が使用されます。

Examples:  

この例では、次のデフォルト設定を前提としています。

  • 日付の設定 1: YY-MM-DD
  • 日付の設定 2: M/D/YY

Example 1:  

Date( A )

ここで A=35648

例 1 の結果
結果 設定 1 設定 2
文字列: 97-08-06 8/6/97
数値: 35648 35648

Example 2:  

Date( A, 'YY.MM.DD' )

ここで A=35648

例 2 の結果
結果 設定 1 設定 2
文字列: 97.08.06 97.08.06
数値: 35648 35648

Example 3:  

Date( A, 'DD.MM.YYYY' )

ここで A=35648.375

例 3 の結果
結果 設定 1 設定 2
文字列: 06.08.1997 06.08.1997
数値: 35648.375 35648.375

Example 4:  

Date( A, 'YY.MM.DD' )

ここで A=8/6/97

例 4 の結果
結果 設定 1 設定 2
文字列: NULL (なし) 97.08.06
数値: NULL 35648