メイン コンテンツをスキップする

ナビゲーション ツールバー

The QlikView navigation toolbar.

QlikView のナビゲーション ツールバーには、QlikView を使用してデータを分析する際に最も必要とされる機能のボタンが含まれています。ナビゲーション ツールバーの表示または非表示を切り替えるには、[表示] メニューの [ツールバー] にある [ナビゲーション ツールバー] を選択します。下記の説明は、ナビゲーション ツールバー のデフォルトの内容です。

  • クリア: このボタンをクリックすると、QlikView ドキュメントの開始選択条件が適用されます。開始選択条件は設定できます。以下の [クリア選択状態の設定] を参照してください。ドロップダウン メニューには次の選択肢が提供されています。
    • クリア: QlikView ドキュメントを開始する際の選択条件。このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+SHIFT+D。
    • すべての選択をクリア: ロックされていないすべての選択を解除します。
    • すべてをアンロックしてクリア: すべての選択のロックを解除し、クリアします。
    • 指定ステートをクリア: 指定ステートの選択をクリアします。
    • クリア ステートの設定:クリア選択状態 として現在の選択条件を設定します。
    • クリア ステートのリセット:[クリア選択状態] に設定されている選択条件を解除します。
  • 戻る: 前の論理 (選択) 状態に戻します。値の選択と、 編集 メニューの コピーコピー モード 以外のすべてのコマンドに適用されます。QlikView には、最新の 100 の状態の履歴が保持されます。元に戻す コマンドごとに、履歴を 1 つ前に戻します。
  • やり直し:[元に戻す] 前の論理状態に戻します。元に戻すやり直し コマンド を交互に繰り返すことによって、 2 つの状態を切り替えることができます。
  • ロック (選択値): ドキュメント全体の、現在の 値の選択 をすべてロックします。
  • アンロック (選択): ドキュメント全体で 現在ロックされている 値の選択 をすべて解除します。