メイン コンテンツをスキップする

大規模な導入での QlikView ツールバーのカスタマイズ

このページ上

大規模な導入での QlikView ツールバーのカスタマイズ

ツールバーの対話型カスタマイズの有効化と無効化

QlikView のツールバーとメニューは、完全にカスタマイズ可能になっています。対話型カスタマイズは、Settings.ini にある 2 つの設定によってオン/オフを切り替えられます。

ini ファイルは次にあります。 C:\Users\username\AppData\Roaming\QlikTech\productname.

AllowCustomizeToolbars

および

AllowCustomizeMenubar

この値を 1 に設定すると対話型カスタマイズが有効になり、0 にすると無効になります。

注: これらの設定を変更する前に、アプリケーションが終了されていることを確認してください。

多数のコンピュータへのツールバー設定の適用

コンピュータ間でツールバー設定を複製する:

  1. 1 台のコンピュータでツールバーをカスタマイズします
  2. Settings.ini ファイルをコピーします。
注: 機能性を 100% 保証するためには、複製元コンピュータと複製先コンピュータの QlikView バージョンが同じである必要があります。