メイン コンテンツをスキップする

チャート プロパティ

このページ上

チャート プロパティ

ツールバーの [チャートの追加] ボタンをクリックすると、[チャート プロパティ] ダイアログが開きます。ここでは、チャートの種類、軸、タイトルなどチャートのプロパティを設定できます。

チャートを作成すると、いつでもそのプロパティを変更できます。[チャート プロパティ] ダイアログを開くには、チャートの [オブジェクト] メニューから [プロパティ] を選択します。プロパティ コマンドが淡色表示されている場合は、プロパティの変更を行うために必要な権限がありません。

シート プロパティ: セキュリティ

チャート プロパティ ダイアログのさまざまなプロパティ ページにある設定は、最初のページ (基本設定 ページ) で選択したチャートの種類によって異なります。[チャート プロパティ] ダイアログのさまざまなページ (以下で説明する [基本設定] ページを除く) については、それぞれのチャートの章を参照してください。

(基本設定)

基本設定ページでは、タイトルやチャートの種類といった属性を変更できます。これは、クイック チャート ウィザード または チャート プロパティ ダイアログの最初のページです。

ウィンドウ タイトル

ウィンドウ ヘッダーに表示されるタイトルです。 タイトルは、ラベルのテキストの動的に更新される計算式としても定義できます。[...] ボタンをクリックすると、完全な [数式の編集] ダイアログが開かれ、長い数式を簡単に編集できます。

計算式の数式構文

チャートにタイトルを表示する

デフォルトでは、定義する最初の数式のラベルがチャート タイトルとして設定されます。チャート タイトルを表示しない場合は、チェック ボックスをオフにします。元のタイトルを表示するには、チェック ボックスをオンにするだけです。 タイトルは、ラベルのテキストの動的に更新される計算式としても定義できます。[...] ボタンをクリックすると、完全な [数式の編集] ダイアログが開かれ、長い数式を簡単に編集できます。

ピボット テーブルやストレート テーブルでは、チャート タイトルは表示されません。

計算式の数式構文

タイトル設定

タイトル 設定 ボタンをクリックして、チャート タイトルに詳細設定を定義します。

印刷設定

印刷設定 ボタンをクリックすると 印刷設定 ダイアログが開き、余白やヘッダー/フッターを定義できます。[印刷設定] ダイアログは、[印刷:レイアウト][印刷:ヘッダー/フッター] の 2 ページで構成されます。

印刷: レイアウト また、印刷: ヘッダー/フッター

並列ステート

ドロップダウンの選択肢の中から種類をひとつ選択します。次の並列ステートはいつでも使用できます。

  • 継承済み: シートとシート オブジェクトは、QlikView の開発者が無効にしない限り、常に継承済みステートになります。この設定はひとつ上のレベルにあるオブジェクトから継承され、これを選択するとシート内のチャートにはシートと同様の設定が適用されます。
  • 初期ステート: QlikView で最も使用されるステートで $ で表現されます。QlikView ドキュメントは常に [初期ステート] にあります。

オブジェクト ID

これは、マクロで使用されます。各シート オブジェクトには一意の ID が割り当てられます。英数字は ID のみに使用することをお勧めします。 リンク オブジェクトは、同じオブジェクト ID を共有します。この ID は後で編集できます。

チャートの場合、ID は CH01 から始まります。

内部マクロ インタープリタ

分離設定

有効にするとチャートは分離されます。これにより、選択されても動的に更新されなくなります。

読み取り専用

有効にするとチャートは読み取り専用になります。これにより、チャート内でマウスを使用してクリックまたはペイントしても選択できなくなります。

演算実行条件

このテキスト ボックスに数式を入力して、チャートが表示されるために満たす必要がある条件を設定します。条件が満たされない場合は、「演算実行条件が満たされていません」というテキストがチャートに表示されます。

値は、計算式として入力できます。[...] ボタンをクリックすると、数式の編集 ダイアログが開かれます。

チャートの種類

チャートの種類 グループでは、チャートの基本レイアウトを選択します。

各チャートの種類に関しては、チャートの種類 を参照してください。

クイック切替

このグループでは、チャート内のアイコンを有効にして、チャート プロパティ ダイアログを使用せずにチャートの種類を変更できます。

表示する種類

このリストでは、ドロップダウンに表示するチャートの種類を選択します。クイック切替を有効にするために、2 つ以上の種類を選択する必要があります。

アイコンの表示位置の指定

グラフィカル チャートでは、クイック切替アイコンをチャート内部とシート オブジェクト キャプション内のいずれかに配置できます。テーブル チャートでは、キャプションが唯一の選択肢です。

サイズ変更のリセット

このボタンを押すと、グラフィカル チャート内の凡例、タイトルなどのサイズ変更がリセットされます。個々の項目のドッキングは、影響を受けません。

ドッキング位置のリセット

このボタンを押すと、グラフィカル チャート内の凡例、タイトルなどのドッキング位置がリセットされます。

エラー メッセージ

[カスタム エラー メッセージ] ダイアログが開きます。

カスタム エラー メッセージ

参照機能のスタイル

チャートのコンテキスト メニューから 参照設定 オプションを使用したときの参照の背景の描画方法。この設定は、いくつかのチャートでのみ有効に働きます。