メイン コンテンツをスキップする

GetSelectedCount

このページ上

GetSelectedCount

GetSelectedCount() は、項目内で選択された (緑) 値の数を返します。

Syntax:  

GetSelectedCount (field_name [, include_excluded])

Return data type: 整数

Arguments:  

  • field_name: メジャー対象となるデータ範囲が含まれている項目です。
  • include_excluded:True() に設定されている場合、別の項目で除外された選択値がカウントに含まれます。False の場合や省略されている場合、これらの値は含まれません。
  • state_name: 並列ステートの名称。指定している場合は、並列ステートの項目の、カウントされた値が返されます。並列ステートを指定していない場合は、初期ステートが使用されます。

以下の例では、異なるリスト ボックスにロードされた 3 つの項目を使用しています (1 つは First name 名のもの、もう 1 つは Initials のもの、そして最後は Has cellphone のもの)。

Example 1: First nameJohn が選択されています

GetSelectedCount ([First name])

First name で値が 1 つ選択されているため、1 を返します。

Example 2: First nameJohn が選択されています

GetSelectedCount ([Initials])

Initials で選択された値がないため、0 を返します。

Example 3: First name で選択なし、Initials ですべての値を選択、Has cellphoneYes が選択されています

GetSelectedCount ([Initials], True())

6 を返します。(Initials MC および PD は Has cellphoneNo に選択されているが、引数 include_excludedTrue() に設定されているため、結果はいずれにせよ 6 となるため)

例で使用されているデータ:

Names:

LOAD * inline [

"First name"|"Last name"|Initials|"Has cellphone"

John|Anderson|JA|Yes

Sue|Brown|SB|Yes

Mark|Carr|MC |No

Peter|Devonshire|PD|No

Jane|Elliot|JE|Yes

Peter|Franc|PF|Yes ] (delimiter is '|');