メイン コンテンツをスキップする

パフォーマンス

[General] パフォーマンスタブでは、以下の QlikView Server システム パフォーマンス パラメータ (名前) およびそれらの値 () を確認できます。

名前
ExeType QlikView Server ビルドの種類。
ExeVersion QlikView Server のフル バージョン番号。
タイムスタンプ ログ エントリが作成された日付および時刻。
DocSessions セッション インターバルの終了時に存在している、ドキュメント セッションの総数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
AnonymousDocSessions セッション インターバルの終了時に存在している、匿名ユーザーによるドキュメント セッションの総数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
TunneledDocSessions セッション インターバルの終了時に存在している、トンネル接続によるドキュメント セッションの総数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
DocSessionStartsSinceMidnight 午前 0 時 (サーバーのローカル タイム) 以降に開始された、ドキュメントセッションの総数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
RefDocs 終了時にセッションが存在しているインターバルの、終了時にロードされていたドキュメントの数。
LoadedDocs インターバルの終了時にロードされていた、ドキュメントの総数。
IpAddrs インターバルの終了時に接続されていた、異なる IP アドレスの総数。同一 IP アドレスに由来するトンネル セッションと複数のユーザーは、区別できないことに注意が必要。
Users インターバルの終了時に接続されていた、異なる NT ユーザーの総数。この場合、匿名ユーザーは区別できないことに注意が必要。
CPULoad インターバル中の、QlikView Server からの平均 CPU ロード。
VMCommitted インターバルの終了時に、QlikView Server に実際に使用されていた仮想メモリのサイズ (MB)。この数値は、VMAllocated(MB) の一部です。許容外の応答時間を回避するため、物理メモリのサイズを超過しないようにします。
VMAllocated インターバルの終了時に、QlikView Server によって割り当てられていた仮想メモリのサイズ (MB) (VMAllocated(MB) + VMFree(MB) = QlikView Server プロセスで利用可能なすべての最大仮想メモリ空間、として計算)。
VMFree QlikView Server で利用可能な、割り当てられていない仮想メモリのサイズ (MB) (VMAllocated(MB) + VMFree(MB) = QlikView Server プロセスで利用可能なすべての最大仮想メモリ空間、として計算)。
VMLargestFreeBlock QlikView Server で利用可能な、割り当てられていない仮想メモリの最大連続ブロックのサイズ (MB)。この数値は、VMFree の一部です。
UsageCalBalance 利用可能なユーザー CAL の数量。「-1.00」は、Usage CAL が使用されていないことを示します。
TimeZoneBias GMT と比較して得られた時間オフセット (単位:分)。
GBytesOfRamConfigured QlikView Server 用に構成されている (および割り当てられている) RAM の最低量 (単位:GB)。
NumberOfCores サーバーによって使用されているコアの数。
RecentCpuPercent インターバル中の CPU ロード。
RecentRamOverload 構成されている制限を超えた RAM の使用。
OffDuty QVS がオフデューティーかどうかを示唆 (QMC からアクセスできるが操作不能) 。QVS がオフデューティーになる理由のひとつは、ライセンス認証ファイル (LEF) で指定された時間制限に達した場合です。
Unlicensed QVS ライセンスが期限切れかどうかを示唆。
EntryType エントリの種類。「Server starting」はスタートアップを、「Normal」は通常のインターバルのログ エントリを、「Server shutting down」はシャットダウンを、それぞれ表します。
ActiveDocSessions インターバル中のアクティビティを示す、インターバルの終了時にまだ存在しているドキュメント セッションの数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
ActiveAnonymousDocSessions インターバル中のアクティビティを示す、インターバルの終了時にまだ存在している、匿名ユーザーによるドキュメント セッションの数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
ActiveTunneledDocSessions インターバル中のアクティビティを示す、インターバルの終了時にまだ存在している、トンネル接続によるドキュメント セッションの数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
DocSessionStarts インターバル中に開始された、ドキュメント セッションの数 (1 ユーザー + 1 ドキュメント = 1 ドキュメント セッションとして計算)。
ActiveDocs ユーザー アクティビティが存在していたインターバルの、終了時にロードされていたドキュメントの数。
DocLoads インターバル中にロードされた、新規ドキュメントの数。
DocLoadFails インターバル中にロードに失敗した、ドキュメントの数。
Calls

インターバル中に実行された、QlikView Server に対するコールの総数。

選択 インターバル中に実行された、選択コールの数。
ActiveIpAddrs インターバル中にアクティブになったことがあり、インターバルの終了時にもまだ存在していた、異なる IP アドレスの数。同一 IP アドレスに由来するトンネル セッションと複数のユーザーは、区別できないことに注意が必要。
ActiveUsers インターバル中にアクティブになったことがあり、インターバルの終了時にもまだ存在していた、異なる NT ユーザーの数。この場合、匿名ユーザーは区別できないことに注意が必要。