メイン コンテンツをスキップする

基本設定

このページ上

基本設定

[General] 基本設定ウィザード ガイド ページでは、 新しいタスクのリロード、名前、カテゴリ、属性に関する構成を行うことができます。

基本設定

リロードの実行 (Perform Reload)

タスクが実行されるときにドキュメントがリロードされるようにするには、このチェック ボックスをオンにしてこの機能を有効化します。この機能を無効化するには、このチェック ボックスをオフにします。

タスク名 (Task Name)

タスク名を編集するには、このテキスト ボックスに任意の名前を入力します。

注: タスク名 (Task Name)は一意である必要があり、そうでない場合は「MyTask」を「MyTask (2)」のように名前の末尾に数字を追加して一意の名前にしてください。

カテゴリの選択 (Select Category)

ドキュメントにカテゴリを割り当てるには、ドロップダウン リストに表示されているカテゴリから 1 つを選択します。

既定のパス: 初期設定.

新しいカテゴリの入力 (Or Type a New Category)

カテゴリを作成するには、このテキスト ボックスに説明的な名前を入力します。新しカテゴリが カテゴリの選択 (Select Category)ドロップダウン リストで使用可能になります。カテゴリは、QlikView AccessPoint に表示されます。

注: カテゴリの再割り当ては可能ですが、削除はできません。

ドキュメントの説明文 (Document Description)

QlikView AccessPoint のドキュメントの詳細に表示されるドキュメントの説明文を作成するには、このテキスト ボックスに説明を入力します。

属性 (Attribute)

メタ データ属性は作成可能であり、ドキュメントに割り当てることも可能です。こうした属性は名前と値という任意の組み合わせです。属性はドキュメントには保存されませんが、QlikView Server Document Metadata Service (DMS) 機能を有する QlikView Server のメタ データに保存されます。サードパーティ製のアプリケーションの場合は、 qvpxプロトコルを使ってデータベースから属性の読み取りや抽出ができます。QlikView AccessPoint の各属性は、正しいドキュメントを検索するために有用です。属性を作成し、値を割り当ててメタ ファイルに保存するには、パネルの右側にある 追加アイコン をクリックし、以下の項目を構成します。

名前

このテキスト ボックスに説明的な名前を入力し、メタ データの属性名を設定します。

このテキスト ボックスに、[ 名前] 項目のメタ データ属性名に割り当てる値を入力します。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

ヘルプ

コンテキストに応じたヘルプ (この WebHelp) は、現在のページの内容に関する詳細な情報を提供するもので、ページ右上角にある [Help] ( ヘルプ) をクリックすると表示されます。

移動ボタン

ウィザードでは、ページ間を移動するために次のボタンが利用できます。

  • Previous:「ウィザードの前のページにもどる」を意味し、現在のウィザード ぺージの設定が保存されます。次に進むには 次へボタンをクリックします。
  • 次へ:「ウィザードの次のページに進む」を意味します。
  • 注: このボタンは現在のウィザード ページで必要なデータを設定した場合にのみ利用可能です。

  • Finish (終了):「このウィザードを終了」を意味し、設定した情報が適用されます。
  • 注: このボタンは、ウィザードのすべてのページで設定を終えた場合にのみ利用可能です。

  • キャンセルまたは :「このウィザードを中止する」を意味し、設定を使用したり保存せず、タスクは生成されません。

Join the Analytics Modernization Program

Modernize by leveraging your QlikView investment to begin using Qlik Sense on the Cloud.

Want to know more?
Remove banner from view