ライセンス QlikView

ライセンスにより、組織内での QlikView ソフトウェアの使用状況を管理できます。

概要

QlikView Server 展開には、シリアル番号とコントロール ナンバーまたは署名付きキーによってライセンスが付与されます。QlikView Server ライセンスは、アクセス権のタイプと CAL (クライアント アクセス ライセンス) のいずれかに基づいています。インストールされている QlikView Server には QlikView Publisher ライセンスを組み込むこともできます。

QlikView のライセンス付与オプションの詳細については、 Qlik の法的規約、製品使用条件、および次のライセンス付与サービスのリファレンス ガイドをお読みください:

統一ライセンス

QlikViewQlik SenseQlikViewApril 2019 リリース以降、お客様は複数の展開で統一ライセンスを使用できます。統一ライセンスでは、次の展開の組み合わせにおいて同じ署名付きキーを共有します。

  • 展開数でQlik Sense Enterprise
  • 複数の QlikView Server 展開
  • QlikView Server 展開と Qlik Sense Enterprise 展開

同じ署名付きキーを複数の展開に適用することにより、同じタイプのユーザーとアクセス権を共有することができます。ユーザーは、Professional または Analyzer のアクセス権割り当てを使用して接続されているすべての展開にアクセスできます。

QlikView Server ライセンス

QlikView Server ライセンスの期限とアクセス権の割り当ては、ライセンス認証方法に応じて、 License Enabler File (LEF) または [License Definition] (ライセンス定義) によって定義されます。QlikView Server ライセンスは、アクセス権のタイプと CAL (クライアント アクセス ライセンス) のいずれかに基づいています。

ユーザーベースとキャパシティベースのライセンス

ユーザーベース ライセンスでは、事前定義された数のアクセス権割り当てが付与され、一意の特定されたユーザーに割り当てることが可能です。QlikView Server でのユーザーベース ライセンスは、Professional および Analyzer ユーザー ライセンスとクライアント アクセス ライセンス (CAL) のいずれかです。

キャパシティベース ライセンスでは、 QlikView にアクセスするための事前定義された数のアクセス権割り当てが付与され、特定または匿名のユーザーが使用可能です。QlikView Server でのキャパシティベース ライセンスは、Analyzer Capacity アクセス権と CAL のいずれかに基づいています。

アクセス権のタイプ

Professional および Analyzer ユーザー ライセンス (ユーザーベース) と Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティベース) は組み合わせることができます。これらのライセンスは、サブスクリプション ベースで、署名付きキーを使用して有効化されます。[License Definition] (ライセンス定義) でのライセンスの詳細は、 QlikView Management Console で確認できます。参照:QlikView Server ライセンス

  • Professional アクセス権と Analyzer アクセス権 (ユーザーベース) は、 Qlik Sense の場合のようにしてユーザーに割り当てられます。[License Definition] (ライセンス定義) により 2 つのタイプのアクセス権の配布が決まります。
  • Analyzer Capacity(キャパシティベース) は、使用可能な機能に関してAnalyzer アクセス権に似ています。Analyzer Capacity は、特定または匿名のユーザーに割り当てることができます。ユーザーは、6 分単位で消費される毎月の Analyzer 時間割り当てを共有します。

CAL

User および Document CAL (ユーザーベース) と Session および Usage CAL (キャパシティベース) は組み合わせることができます。CAL は、サブスクリプション ベースか永続的です。シリアル番号とコントロール ナンバーで構成されるライセンス キーを使用して有効化されます。

  • User および Document CAL (ユーザーベース): QlikView ドキュメントへのアクセスのために一意で特定されたユーザーに割り当てられます。LEF ファイルにより、インストール環境で使用可能な CAL のタイプと数が決まります。
  • Session および Usage CAL (キャパシティベース): すべての (特定または匿名) ユーザー QlikView ドキュメントにアクセスし、消費できます。LEF ファイルにより、インストール環境で使用可能な CAL のタイプと数が決まります。

制限事項

アクセス権のタイプ (Professional、Analyzer、Analyzer Capacity) と CAL (User、Document、Session、Usage) を組み合わせることはできません。QlikView Server ライセンスは、ユーザーベース アクセス権とキャパシティベース アクセス権クオータの両方で構成されています。例:

  • アクセス権のタイプに基づいてライセンスを購入する場合、ユーザーのライセンスには、Professional アクセス権、Analyzer アクセス権、Analyzer Capacity アクセス権で構成されるさまざまなクオータを含めることができます。
  • CAL に基づいてライセンスを購入する場合、ユーザーのライセンスには、User、Document、Session、または Usage CAL によるさまざまなクオータを含めることができます。

Professional アクセス権と Analyzer アクセス権の動的割り当て

QlikView Server は、Professional および Analyzer タイプのアクセス権の動的割り当てに対応しています。Professional アクセス権と Analyzer アクセス権の動的割り当ては QlikView Management Console で有効にすることができます。「Professional アクセス権と Analyzer アクセス権」を参照してください。

動的割り当ての仕組み:

  • Professional および Analyzer の両タイプのアクセス権について動的割り当てが有効になっている場合は、ログインするユーザーに Professional アクセス権が自動的に割り当てられます (選択可能な場合)。選択できない場合は、ユーザーにAnalyzer アクセス権が割り当てられます。Analyzer アクセス権を選択できない場合は、ユーザーに Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。Analyzer Capacity を選択できない場合、ユーザーは QlikView にアクセスできません。
  • Professional タイプのアクセス権についてのみ動的割り当てが有効になっている場合は、ログインするユーザーに Professional アクセス権が自動的に割り当てられます (選択可能な場合)。選択できない場合は、ユーザーに Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。Analyzer Capacity を選択できない場合、ユーザーは QlikView にアクセスできません。
  • Analyzer タイプのアクセス権についてのみ動的割り当てが有効になっている場合は、ログインするユーザーに Analyzer アクセス権が自動的に割り当てられます (選択可能な場合)。選択できない場合は、ユーザーに Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。Analyzer Capacity を選択できない場合、ユーザーは QlikView にアクセスできません。
注: 動的割り当てを有効にすると、ユーザーに二重に割り当てられる可能性があります。これは、インストール環境で使用可能なライセンスの数に影響することがあります。

QlikView Server 署名付きキー

署名付きキーで QlikView にライセンスを付与すると、ライセンス定義やアクセス権の割り当てなどのライセンス情報は QlikView 展開の外部にあるライセンス バックエンドに保管されます。接続されている展開では同じ License Back-end を使用します。接続されている展開のリストにあるユーザーは、アクセス権割り当てと一緒に、インストールされている QlikView との間で共有されます。これは、インストールされている QlikView で使用可能な Professional および Analyzer のアクセス権割り当ての数に影響します。

QlikView Server ライセンス キー

ライセンス キーは、シリアル番号とコントロール ナンバーで構成されています。このキーは、CAL に基づいて QlikView Server ライセンスを有効化する場合に使用されます。CAL は、ライセンス付与のためだけに使用され、データ アクセス目的のユーザー認証では使用されません。

QlikView Server のライセンス キーは、付与されたライセンス数のノードが任意の時点で稼働していれば、必要な数のサーバーにインストールすることができます。

注: コールド スタンドバイ環境をインストールし、稼働可能な状態にしておくことができますが、稼働環境がシャットダウンされるより前に稼働状態 (Windows サービスを開始することはできません) や使用中にすることはできません。

インストールされている QlikView Server に接続するため、各クライアントにはクライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。CAL は QlikView Server と共に購入し、サーバーのシリアル番号と関連付けられます。CAL は、 QlikView クライアント プログラムに転送したり、異なる QlikView Server クラスター間で転送したりすることはできません。クラスターごとに別個の CAL が必要です。

QlikView Publisher ライセンス

QlikView Publisher ライセンスにより、インストールされている QlikView Server に先進のロード機能や配布モデルなどの機能が追加されます。専用の LEF ファイルにより、 QlikView Publisher ライセンスの機能が決まります。
このライセンスは永続的で、シリアル番号とコントロール ナンバーで構成されるライセンス キーを使用して有効化されます。

QlikView Desktop

QlikView Desktop は次のライセンス オプションに対応しています。

  • ローカル クライアント ライセンス: 完全でライセンス付与されたバージョンの QlikView Desktop。ローカル クライアント ライセンスは、 License Enabler File (LEF) によって定義され、ライセンス キーを使用して有効化されます。
  • Personal Edition。個人、学生、または小規模なスタートアップ向けのライセンスなしバージョンの QlikView DesktopQlikViewPersonal Edition の詳細については、次を参照してください:QlikView Personal Edition

QlikView Desktop は、Professional アクセス権と Analyzer アクセス権、または CAL アクセス権を使用して、インストールされている QlikView Server に接続できます。