セクション アクセス管理

[Section Access Management] (セクション アクセス管理)ページでは、セクション アクセスに利用可能なすべてのテーブルが、左側パネルのツリー構造にリストされます。これらのテーブルには、QlikView ドキュメントで使用されるセクション アクセス テーブルのセントラル レポジトリとしての役割があります。テーブルの実際の使用については、該当するドキュメントのロード スクリプトで定義されています。

セクション アクセスは「分割」に類似していますが、ユーザーがドキュメントにアクセスする際に、QlikView Server によって実行される点が異なります。セクション アクセスを選択するか、それとも静的な分割を選択するかは、パフォーマンスとメモリー使用量の問題です。QlikView Publisherがセクション アクセスの保護されたQlikViewファイルを開くと、分割値に基づいてファイルが分割されます。

サイズ縮小や分割

注: Section Access によるデータ分割は配信ドキュメントに予期せぬ結果を招く可能性があるため、注意して使用してください。

セクション アクセス テーブル (Section Access Table)

セクション アクセス テーブルの URL (Section Access Table URL)

定義されているすべてのセクション アクセス テーブルを使用するには、QlikView スクリプト エディターで、ロード スクリプトに表示されるパス (URL) を追加します.

追加

テーブル エントリを作成するには、右側パネルの [Add] (追加)アイコンをクリックし、 表示されるテキスト ボックスに記述名を入力します。新しいテーブルが、左側パネルのツリー構造で利用可能になります。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

セクション アクセス テーブルの管理 (Manage Section Access Table)

既存のセクション アクセス テーブルの設定を右側パネルで表示および管理するには、左側パネルのツリー構造に表示された該当するテーブルをクリックします。たとえば、 「default」という名前が付いた、すでに定義されているテーブルをクリックします.

許可されたユーザー...

現在のセクション アクセス テーブル URL は、特定のユーザーのみがそれらを使用できるように設定できます。

注: 管理者グループのメンバーは常にセクション アクセス テーブルにアクセスできます。

ユーザーおよびグループを管理するには、このボタンをクリックします。

  • デフォルトの範囲 (Default Scope)
  • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

  • ユーザーとグループの検索 (Search for Users and Groups)
  • ユーザーまたはグループを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、 検索アイコン .

    ユーザー管理検索機能

  • 検索結果
  • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

  • 追加 >
  • ユーザーまたはグループを追加するには、 検索結果ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーを追加できます。

  • [選択済みユーザー (Selected Users)]
  • このボックスには選択ユーザーとグループが表示されます。

  • 削除
  • ユーザーまたはグループの選択を解除するには、 [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーの選択解除ができます。

  • << すべてを削除 (<< Delete All)
  • すべて すべてユーザーとグループを [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスから選択解除するには、このボタンをクリックします。

ユーザー検索の場所 (Search for Users in)

ドロップダウンリストで、 [Allowed Users...] (許可されたユーザー...)機能を使用してユーザーやグループを検索する場所であるディレクトリ サービス コネクタを選択します。これは下記のセクション アクセス テーブルにも該当します (ユーザーの管理を表示するクリック可能アイコンを持つ列ユーザー)。

列の編集 (Edit Columns...)

<appSettings> [Edit Table Columns] (テーブル列の編集)ダイアログでは、現在の section access テーブルへの列の追加や既存列の削除が可能です。使用できるテーブル列はテーブル列に一覧表示されます。

テーブル列

このボタンをクリックすると、ダイアログが開きます。

  • QlikView 列 (QlikView Column)
  • This list contains all the possible 予約済みの (reserved) 列が含まれています。列をクリックすると、その説明を表示されます。The explanation is presented between the left 利用可能な列リストと右側の 選択された列list.

  • 列の追加 (上) (Add Column (upper))
  • 現在のセクション アクセス テーブルに [ 予約済みcolumn to the current section access table, click on the column and click on this button. 列は、左側の 利用可能な列リストから右側の 選択された列list.

  • 列の入力 (Type Column)
  • 現在のセクション アクセス テーブルに [ カスタム列を追加するには、このテキスト ボックスに名前を入力し、 列の追加 (下) (Add Column (lower))ボタンをクリックします。

  • 列の追加 (下) (Add Column (lower))
  • To add the カスタム列を追加するには、このボタンをクリックします。新しい列は、右側の [ 選択された列list.

  • 上へ
  • 現在のセクション アクセス テーブル内の列を左側に移動させるには、右側の 選択された列リストにある列をクリックし、 上へアイコン をクリックします。必要に応じて、この操作を繰り返します。列は右側の 選択された列リストの上部に移り、現在の section access テーブル内の左側に移動します。

  • 下へ
  • 現在の section access テーブル内の列を右側に移動させるには、右側の 選択された列リストにある列をクリックし、 下へアイコン をクリックします。必要に応じて、この操作を繰り返します。列は右側の 選択された列リストの下部に移り、現在の section access テーブル内の右側に移動します。

  • 列の削除 (Remove Column)
  • 現在の section access テーブルから完全に列を削除するには、列をクリックして、次にこのボタンをクリックします。予約済みの列は右側の 選択された列リストから左側の 利用可能な列リストに移動し、同時に カスタム列は削除されます。

テーブル列

次のテーブル列が利用可能です。

  • ACCESS: 対応するユーザーに与えられるアクセス権限を定義する項目。ドロップダウン リストで使用できるオプションは次の通りです。
    • ADMIN
    • USER
  • NTNAME: Windows NT のドメイン ユーザー名またはグループ名に対応する文字列を含む項目。この項目では、ユーザーやグループにセクション アクセス機能によって配信されるドキュメントへのアクセス権の付与を指定します。QlikView Server が OS からログオン情報を取得し、それをこの項目の値と比較します。ユーザーやグループを管理するには、この項目に有効な文字列を入力するか、以下の手順を実行します。
  • ユーザーおよびグループを管理するには、 ユーザー管理アイコンをクリックします。 Add users icon.

    • デフォルトの範囲 (Default Scope)
    • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

    • ユーザーとグループの検索 (Search for Users and Groups)
    • ユーザーまたはグループを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、 検索アイコン .

      ユーザー管理検索機能

    • 検索結果
    • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

    • 追加 >
    • ユーザーまたはグループを追加するには、 検索結果ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーを追加できます。

    • [選択済みユーザー (Selected Users)]
    • このボックスには選択ユーザーとグループが表示されます。

    • 削除
    • ユーザーまたはグループの選択を解除するには、 [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーの選択解除ができます。

    • << すべてを削除 (<< Delete All)
    • すべて すべてユーザーとグループを [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスから選択解除するには、このボタンをクリックします。

  • NTSID: Windows NT の SID を含む項目。QlikView Server が OS からログオン情報を取得し、それをこの項目の値と比較します。
  • Example:  

    S-1-5-21-125976590-467238106-1092489882-1378

  • NTDOMAINSID: Windows NT ドメインの SID に対応する文字列を含む項目。
  • SERIAL: QlikView のシリアル番号に対応する番号を含む項目。QlikView Server がユーザーのシリアル番号を確認し、それをこの項目の値と比較します。
  • Example:  

    4900 2394 7113 7304

  • USERID: 許可されるユーザー ID を含む項目。QlikView Server がユーザー ID の入力を要求し、この項目の値と比較します。このユーザー ID は、Windows のユーザー ID と同じではありません。
  • PASSWORD: 許可されるパスワードを含む項目。QlikView Server がパスワードの入力を要求し、この項目の値と比較します。このパスワードは、Windows のパスワードと同じではありません。
  • OMIT: この特定のユーザーに対して省略する項目を含む項目。ワイルドカードを使用したり、項目を空にしたりすることもできます。これを手軽に行うには、サブフィールドを使用します。
注: キー項目に OMIT を適用しないでください。基底のデータ構造を変更してしまい、論理的なアイランドを作成し、計算上の矛盾を引き起こす場合があるからです。
  • カスタム: 必要に応じて定義されるカスタム項目。

テーブル データのインポート (Import Table Data...)

タブ区切りのファイルの内容は、現在の section access テーブルに貼り付けできます。このボタンをクリックすると、[ インポート] ダイアログが開きます。

  • 下のタブ区切りファイルの貼り付け (Paste Tab Separated File Below):
  • タブ区切りファイルの内容をこのテキスト ボックスに入力します。

  • 最初の行を列名にする (Treat First Row as Column Names)
  • タブ区切りファイルの最初の行を列名に指定すると、この行はインポートされません。最初の行をインポートから除外するには、このチェック ボックスをオンにします。最初の行もインポートするには、このチェック ボックスをオフにします。

  • テーブル データのクリア (Clear Table Data)
  • インポート済みのデータを現在の section access テーブル上の既存データと置き換えるには、このチェック ボックスをオンにします。インポート済みのデータが現在の section access テーブルにすでに表示されている場合は、このチェック ボックスをオフにします。

検索

現在のセクション アクセス テーブルのエントリ リストをフィルタリングするには、すべての列で検索する語句をこのテキスト フィールドに入力し、 [Search] (検索)アイコンをクリックして 検索とフィルター処理を開始します。

検索機能 (Search Function)

追加

現在のテーブルのテーブル行エントリを新たに作成するには、テーブル ヘッダーの左側にある [Add] (追加)アイコン をクリックします。新しいエントリが、テーブルの最後に追加されます。

コピーと貼り付け (Copy and Paste)

現在のテーブルのテーブル行エントリをコピーするには、コピーするテーブル行の [Add Row] (行の追加)アイコン をクリックします。新しいエントリが、テーブルのコピー済みエントリの直下に追加されます。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

入力数

現在のセクション アクセス テーブルに設定済みの入力数が表示されます。各ページごとに表示する入力数を、ドロップダウン リストから選択します。

  • 10 per page (1 ページに 20)
  • 20 per page (1 ページに 20)
  • 50 per page (1 ページに 20)
  • 100 per page (1 ページに 20)