パフォーマンス

[General] パフォーマンスタブでは、CPU、セッション、メモリ (RAM)、ドキュメント処理のパフォーマンス チューニングを管理します。

リロード制限 (Reload Limits)

注: このオプションは QlikView Server が起動しているときにのみ利用可能で、QlikView Publisher (QVP) 起動時には利用できません。

最大同時リロード (Max Concurrent Reloads)

同時にリロードできるドキュメントの数を設定します。

注: コンピュータの全体的なパフォーマンスに影響するため、同時に多数のリロードを設定をしないように注意してください。

CPU

CPU 関係 (CPU Affinity)

デフォルトでは QlikView Server (QVS) はホスト コンピュータ上で使用するプロセッサを自動的に選択します。特定のプロセッサの使用、不使用を設定することができます。CPU の使用を解除するには、対応するチェック ボックスをオフにします。CPU を使用するには、対応するチェック ボックスをオンにします。

注: この機能はデフォルト設定 (すべての CPU を使用) を上書きする場合にのみ使用してください。

CPU スロットル (CPU Throttle)

デフォルトでは QlikView Server (QVS) は 100% の CPU 容量を使用するように設定されており、スロットルは使用されませんQVS プロセスの優先度は、プロセスが使用している CPU 容量に応じて増減することが可能です。これにより CPU 容量が解放されて、別のアプリケーションが使用できるようになり、サーバー全体のパフォーマンスが向上します。しきい値を設定するには、テキスト ボックスに適切な数値を入力します。

注: サーバーが QlikView Server 専用の場合は、この機能は使用しないでください。
注: QlikView Server プロセスの CPU 使用量がこのしきい値を超えるのは、リソースが十分にあると Windows が判断する場合です。

既定のパス: 0% (0はスロットルなしです)。

セッション (Sessions)

同時セッション最大数

ユーザーが QVS 上でドキュメントを開くたびに、新しいユーザー セッションが生成されます。QVS 上で可能な最大の同時ユーザー セッションを設定することができます。同時ユーザー セッションの最大数を設定するには、このテキスト ボックスに適切な数値を入力します。

注: サーバーが QlikView Server 専用の場合は、この機能は使用しないでください。
注: この設定は Client Access License (CAL) には関係ありません。

既定のパス: 5000(何も入力しない場合は制限なしになります)。

最大アイドル時間 (Maximum Inactive Session Time)

指定された時間内にユーザー セッションに動作のない場合、QVS によって自動的に閉じるよう設定することができます。セッションのタイムアウトを設定するには、このテキスト ボックスに適切な値を入力します。

注: 最大アイドル時間はドキュメントごとに設定することができます。セッション時間は設定されている最も短い値が優先されます。このテキスト ボックスに入力された時間がドキュメント タイムアウトより短い場合、ドキュメント タイムアウトの設定は無視されます。

既定のパス: 1800秒 (0は入力できません。何も入力しない場合は制限なしになります)。

セッション タイムアウトを許可 (Possible Session Timeout)

指定された時間内にユーザー セッションに動作がない場合、必要に応じて QVS によって自動的に閉じるよう設定することができます。セッションのタイムアウトを設定するには、このテキスト ボックスに適切な値を入力します。

注: QlikView Server は非アクティブなセッションを閉じ、必要に応じてその他のユーザーにスロットを再利用させることができます。

既定のパス: 1800秒 (0は入力できません。何も入力しない場合は制限なしになります)。

最大合計セッション時間 (Maximum Total Session Time)

すべてのユーザー セッションは、その状態にかかわらず、一定時間後に QVS が終了するように設定できます。セッションのタイムアウトを設定するには、このテキスト ボックスに適切な値を入力します。

既定のパス: 制限なし (No limit ) (0は入力できません。何も入力しない場合は制限なしになります)。

ワーキング セット (Working Set)

アプリケーションまたはプロセスに割り当てられ、使用される RAM の物理的な最小値と最大値を設定します。このようにして、アプリケーションが物理メモリにスワップするかどうかを制御できます。

注: ただし、ここに設定したメモリ量でプロセスをホストできるという保証はありません。
注: 設定値が高すぎると、サーバー上のその他のプロセスのパフォーマンスが低下する場合があります。しかし、サーバーが QlikView Server 専用の場合、そのような設定が望ましい場合もあります。
注: It is assumed that the physical memory up to the 低 (Low)limit is reserved for the QlikView Server.
注: これらの設定は、Windows 仮想メモリ マネージャについて十分な知識や経験がない場合は、変更しないようにしてください。詳細については、 working setsin the Microsoft Windows documentation.

低 (Low)

アプリケーションが使用可能な RAM の物理的な最小値をパーセントで示します。メモリの最小値を設定するには、このテキスト ボックスに適切な数値を入力します。

注: RAM の使用量がこの制限を超える場合、Windows は QlikView Server が使用しているメモリをディスクにスワップできます。

既定のパス: 70%.

高 (High)

アプリケーションが使用可能な RAM の物理的な最大値をパーセントで示します。メモリの最大値を設定するには、このテキスト ボックスに適切な数値を入力します。

注: RAM の使用量がこの制限を超える場合、Windows は QlikView Server が使用しているメモリをディスクにスワップできます。

既定のパス: 90%.

ドキュメント

オブジェクト演算時間限界 (Object Calculation Time Limit)

QlikView Server がチャート オブジェクトを演算する最大時間を設定します。時間は CPU 時間の合計を秒で設定します。最大時間を設定するには、このテキスト ボックスに適切な数値を入力します。

注: 並行処理技術のコンピュータでは、CPU 時間の合計は実際の経過時間とは異なります。

既定のパス: 60秒 (CPU 時間合計内)。

チャートのマーカー最大表示数

チャートに表示されるマーカーの最大数を設定できます。マーカーの最大値を設定するには、このテキスト ボックスに適切な数値を入力します。

既定のパス: 100.

ドキュメントの自動ロードを許可 (Allow Document Auto Load)

ドキュメントが自動的にロードおよびアンロードされるように設定できます。ドキュメントの自動ロードおよびアンロードを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。ドキュメントの自動ロードおよびアンロードを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

可用性 (Availability) [Source Documents] (ソース ドキュメント)

可用性 (Availability) [User Documents] (ユーザー ドキュメント)