メイン コンテンツをスキップする

クラウド展開

このページ上

クラウド展開

<appSettings> クラウド展開フォルダーでは、QlikView Server に接続するクラウド展開を追加および構成できます。

クラウド展開

アイコン クラウド展開タブには、インストールされた QlikView Server に接続されているすべてのクラウド展開の一覧が表示されます。

[Add] (追加)

新しいクラウド展開を追加するには、ペインの右側にある [Add] (追加)アイコン をクリックし、新しいテキスト ボックスに URLを入力します。新しいエントリが、左側パネルのツリー表示で利用可能になります。

Example:  

qvp://<mycomputer>/

編集

クラウド展開を構成するには、 編集アイコン をクリックするか、ツリー表示で該当するタスクをクリックします。これにより、選択したクラウド展開の 概要 タブが開きます。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

[Apply] (適用)

角の丸みには [Apply] (適用)を選択して変更を確認します。

キャンセル

角の丸みには キャンセルを選択して変更を元に戻します。

概要

<appSettings> 概要タブでは、選択したクラウド展開の URL を確認できます。

General (基本設定)

<appSettings> General (基本設定)タブでは、クラウド展開を QlikView Server に接続する場合の詳細設定を構成します。

場所

展開名

クラウド展開の名前。

API エンドポイント

クラウド展開のクラウド ハブへのアドレス。

QlikView ウェブ サーバー

ウェブ サーバー

ドロップダウン メニューに、展開内で使用可能なすべての QlikView Web サーバーがリスト表示されます。

配布設定

Disable distribution of links (リンクの配布を無効にする)

クラウド展開に対する QlikView ドキュメントのリンクの配布を無効にする場合はこのオプションを選択します。

Issuer configuration (発行者構成)

Qlik Cloud Services format (Qlik Cloud Services の書式)

ローカル ベアラー トークン (構成) を Qlik Cloud Services 書式で生成する場合はこのオプションを選択します。選択しない場合、トークンはテキスト ファイルとして生成されます。

Generate configuration (構成の生成)

ローカル ベアラー トークンの構成を開始するにはこのボタンをクリックします。

クリップボードにコピー

ローカル ベアラー トークン テキストをクリップボードにコピーするにはこのボタンをクリックします。

[Apply] (適用)

角の丸みには [Apply] (適用)を選択して変更を確認します。

キャンセル

角の丸みには キャンセルを選択して変更を元に戻します。