メイン コンテンツをスキップする

サービス

[Services] (サービス) ページでは、Windows サービスのステータスの概要を確認できます。ここから QlikView Distribution Service (QDS) を停止することもできます。

QlikView Distribution Service を停止させる

サービスのステータスは、自動的にリフレッシュされます。

設定

サービス名 (Service Name)

QlikView Server を、QlikView Publisher (QVP) のライセンスを使用して起動すると、以下のサービスが示されます。

  • QlikView Directory Service Connector (DSC)
  • Qlik License Service
  • QlikView Distribution Service (QDS)
  • QlikView Management Service (QMS)
  • QlikView Server (QVS)
  • QlikView Web Server (QVWS)

QlikView Server を、QVP のライセンスを使用しないで起動すると、以下のサービスが示されます。

  • QlikView Management Service (QMS)
  • QlikView Directory Service Connector (DSC)
  • Qlik License Service
  • QlikView ReloadEngine(サービスではない)
  • QlikView Server (QVS)
  • QlikView Web Server (QVWS)

右側パネルの [メッセージ (Messages)]でサービスのステータスをチェックするには、左側パネルの該当するサービスをクリックします。

動作サーバー (Running On)

[Running On] (動作サーバー) 列は、サービスが動作しているサーバーの名前を示します。サービスが複数のサーバー上で動作している場合は、サーバーの数が示されます。

状態

サービスの現在のステータスのことです。示される可能性のあるステータスは、次のとおりです。

  • 実行中 (Running)
  • 切断 (Disconnected)
  • <クラスタ内のサーバー総数> のうち <動作中のサーバー数> が動作中 (<Number of servers running> of <total number of servers in cluster> running)― クラスタ内の 1 つ以上の (ただし全部ではない) サーバーがダウンした場合。
  • 無効な設定 (Invalid Setup)― QlikView Management Service の複数のインスタンスが動作している場合。

アラートの表示 (Show Alert)

サービスが切断された場合にアラート機能を有効化する場合には、このチェックボックスをオンにします。

情報 (Information)

サービス ステータス メッセージ

[Service Name] (サービス名) の下のサービスをクリックすると、そのサービスに関するステータス メッセージがすべて表示されます。メッセージが表示され、その下に、サービス名に続いてステータスが表示されます。

config ファイルに適用されているカスタム設定のリスト

展開が QlikView November 2018 以降にアップグレードされている場合、展開内で DSCQDSQMS、および QVWS の各サービスに適用されている既定以外の config 値が、すべてリストに表示されます。

[Service Name] (サービス名) で該当するサービスを選択します。1 つ以上のカスタム値が設定されている場合、情報タブに [Non default config values for machine <machine-name>] (<マシン名> マシンの既定以外の config 値) と呼ばれるセクションが追加されます。QlikView サービスが複数のマシン上で実行されている場合、各マシンについて既定以外の値のリストが個別に作成されます。選択されたサービスにカスタム値が存在しない場合は、代わりに「All values are default」(すべての値が既定値です) というメッセージが表示されます。

QlikView サービスが複数のマシン上で実行されている場合、これらのマシンには、明確な相違を必要としない限り、同じ config 値が存在するはずです。QlikView Server で、異なるマシン上で同じ config 設定の不一致が特定された場合は、既定以外の config 値セクションの下に [Anomalies detected] (検出された異常) というセクションが追加されます。このセクションには、異なるマシン上で config 値が一致しない設定がリストされます。

既定以外の config 値のリストでは、カスタマイズされた各設定が [設定] にリストされ、exe.config ファイル内に存在する場合に表示されます。管理者が変更した値は [Existing Value] (既存の値)に表示されます。元の値は [既定値]に表示されます。以下の例を参照してください。

Example 1:  

サービスは動作中であり、問題が発生したという報告はありません (The service is running without any reported problems)。

<マシン名>: 実行中 (Running)

All values are default (すべての値が既定値です)

Example 2:  

クラスタ内のすべてのサービスが動作中であり、問題が発生したという報告はありません (All services in the cluster are running without any reported problems)。

<machine-A>: 実行中 (Running)

<machine-B>: 実行中 (Running)

Non default config values for machine <machine-A> ((<machine-A> マシンの既定以外の config 値))

構成 Existing Value (既存の値) 既定値
DSCCacheSeconds 910 900
DebugLog true false

Non default config values for machine <machine-B> ((<machine-B> マシンの既定以外の config 値))

構成 Existing Value (既存の値) 既定値
DSCCacheSeconds 910 900

Anomalies detected (検出された異常)

DebugLog

Join the Analytics Modernization Program

Modernize by leveraging your QlikView investment to begin using Qlik Sense on the Cloud.

Want to know more?
Remove banner from view