パフォーマンス

[General] パフォーマンスタブでは、 現在のドキュメントの管理 (例: 負荷分散、事前ロード、同時セッション アクセス、監査ログなど) が可能です。

セッション (Sessions)

同時セッション最大数

現在のドキュメントに対する同時セッション最大数を 現在のドキュメントこのテキスト ボックスに数値を入力します。制限を指定しない場合は、空欄のまま残します。

最大アイドル時間 (Maximum Inactive Session Time)

指定された時間内にユーザー セッションに動作のない場合、QVS によって自動的に閉じるよう設定することができます。セッションのタイムアウトを設定するには、このテキスト ボックスに適切な値を入力します。

注: 最大アイドル時間は、グローバル レベルで設定することもできます。セッション時間は設定されている最も短い値が優先されます。このテキスト ボックスに入力された時間がグローバル セッションの時間より短い場合は、グローバル セッションの時間が無視されます。

パフォーマンス

If left empty or set to 0means no limit.

ドキュメント タイムアウト (Document Timeout)

ドキュメントを開いておくと貴重なシステム リソース (例えば割り当てられたメモリ量や RAM) を使うので、使用しないドキュメントは開いたままにしておくべきではありません。しかし、ドキュメントをあまりにも急速に閉じてしまうと、ユーザーが次回そのドキュメントにアクセスする際に、サーバーがそれを再度開くのに時間がかかるため、待ち時間が長くなる場合があります。この値は、QlikView Server (QVS) がドキュメントを閉じてリソースを解放するまでの、ドキュメントが使われていない状態を許可する時間を制御します。

監査ログを有効化 (Enable Audit Logging)

監査ログ機能を有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。監査ログ機能を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

ログ

ドキュメント管理 (Document Control)

サーバー

ドロップダウン リストでサーバーを選択します。

カスタマイズ (Customize)

複数のサーバーが存在する場合、および カスタマイズオプション ( 開いているドキュメント (Document Available)項目内) が選択されている場合は、以下を構成します。

開いているドキュメント (Document Available)

To configure the load balancing, that is, on which nodes the 現在のドキュメントで利用可能なノードを設定するには、次のいずれかのオプションを選択します。

  • Always on All Nodes (すべてのノードを常にオン): すべてのノードが利用可能です。
    • 事前ロード (Preload)
    • To make the 現在のドキュメントに迅速にアクセス可能にするには、このチェック ボックスをオンにして、サーバーのメイン メモリにあらかじめロードしておきます。事前ロードを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

      注: 事前ロードの機能を使用すると、ユーザーがドキュメントにアクセスしていない場合でもメモリ リソースを消費します。
  • カスタマイズ: ノードの利用設定がカスタマイズ可能です。
  • カスタマイズ (Customize)

カスタマイズ (Customize)

[Customize] ( カスタマイズオプション ( 開いているドキュメント (Document Available)項目内) が選択されている場合は、次がカスタマイズ可能です。

クラスター ノード (Cluster Node)

すべてのサーバーおよびクラスターのリストは自動的に表示され、これには配信用に選択されているクラスター ノードもすべて含まれています。

開いているドキュメント (Document Available)

To configure when the 現在のドキュメントドロップ ダウン リストから次のいずれかのオプションを選択します。

  • なし: 現在のドキュメントはノードにロードできません。
  • 常に表示: ドキュメントはノードに常にロード可能です。

事前ロード (Preload)

To make the 現在のドキュメントに迅速にアクセス可能にするには、このチェック ボックスをオンにして、サーバーのメイン メモリにあらかじめロードしておきます。事前ロードを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

注: 事前ロードの機能を使用すると、ユーザーがドキュメントにアクセスしていない場合でもメモリ リソースを消費します。
注: このオプションが有効になるのは、[ 常に表示] オプション ( 開いているドキュメント (Document Available)項目内) で選択されている場合だけです。