ドキュメント

ドキュメントタブには、次のページが含まれます。

  • ソース ドキュメント
  • 注: このページは、有効な QlikView Publisher (QVP) ライセンスがインストールされている場合にのみ利用できます。

  • ユーザー ドキュメント

これらのページでは、 ソース ドキュメントおよび ユーザー ドキュメントを管理できます。

QlikView ドキュメントの種類と機能

QlikView マネージメント コンソール (QMC) 環境における「ドキュメント (Document)」とは「QlikView ドキュメント (QlikView Document)」、つまり拡張子が「.qvw」で、QlikView Server (QVS) で開くことができ、以下の状態のいずれか 1 つであるファイルのことです。

  • ドキュメント
  • ソース ドキュメント (Source Document)
  • ユーザー ドキュメント (User Document)

ソース ドキュメントが QlikView Publisher (QVP)、つまり QlikView Distribution Service (QDS) によって管理されるのに対して、ユーザー ドキュメントは QVS によって管理されます。管理されていないドキュメントも QlikView ドキュメントには違いありませんが、ドキュメントは QDS (QVS) によって管理されることによって、名称がソース ドキュメント (ユーザー ドキュメント) に変更されます。

分割機能を使用して、QDS によって管理されているソース ドキュメントからユーザー ドキュメントを作成し、配信機能を使用して、QVS にユーザー ドキュメントを管理させることができます。ユーザー ドキュメントは、QlikView Desktop で作成して、QVS フォルダに保存することも可能です。QDS によって配信されたユーザー ドキュメントに、スクリプトが含まれることはありません。

各ソース ドキュメントには、1 つのスクリプトが含まれます。ソース ドキュメントのコンテンツは、同ソース ドキュメントから作成されるユーザー ドキュメントのコンテンツを常に無効化します。これは、ソース ドキュメントに加えられた任意の変更によって、タスクが実行されたときなどに、ユーザー ドキュメントのデータおよびメタ データが上書きされるということです。これを回避するには、ドキュメント名テンプレートを使用して、ユーザー ドキュメント名を変更します。

メール受信者、または QVS/QDS 環境以外のフォルダに配信されたソース ドキュメントは、管理の対象外です。

ユーザーがフロントエンド、つまり QlikView AccessPoint 経由でユーザー ドキュメントにアクセスするのに対して、管理者はバックエンド、つまり QDS 経由でソース ドキュメントにアクセスします。

ソース ドキュメントには、スクリプトとレイアウトが含まれます。このスクリプトがリロード時に実行されると、ユーザー ドキュメントが作成されます。このスクリプトおよびレイアウトを含むソース ドキュメントは、QlikView Developer によって作成されます。