スクリプトの関数とチャートの数式

このセクションでは、QlikView ロード スクリプトで使用できる関数と、データの変換と集計を行うチャートの数式について説明します。

関数の多くはロード スクリプトとチャート式の両方で同じように使用できますが、次のようないくつかの例外があります。

  • ロード スクリプトでのみ使用できる関数もあり、それらはスクリプト関数として表されています。
  • チャートの数式でのみ使用できる関数もあり、それらはチャート関数として表されています。
  • ロード スクリプトおよびチャートの数式の両方で使用できる関数もありますが、パラメータおよびアプリケーションは異なります。それらは、スクリプト関数またはチャート関数として個別のトピックで説明されています。

分析接続

QlikView Desktop および QlikView Server の両方で、settings.ini ファイルを編集して分析接続を構成します。分析接続によって有効化された関数は、setting.ini ファイルに分析接続を構成済みで、QlikView が起動されている場合にのみ表示されます。「分析接続」ページで分析接続の作成方法を確認してください。