QlikWorld 2020 Global Conference. Join us to discover how to get the most from your data. Act fast. Register now and save.

Force

force ステートメントによって、QlikView は後続の LOAD および SELECT ステートメントの項目名と項目値を大文字のみ、小文字のみ、常に先頭を大文字化、またはそのまま (混合) として強制的に解釈します。このステートメントを使用すると、異なる表記規則に従って作成されたテーブルの項目値を関連付けられます。

Syntax:  

Force ( capitalization | case upper | case lower | case mixed )

 

何も指定されない場合、大文字と小文字を混在させると見なされます。force ステートメントは、新たな force ステートメントが実行されるまで有効です。

force ステートメントは、アクセス セクションでは使用できず、ロードされる項目値は大文字と小文字が区別されません。

 

結果

この例では頭文字の大文字化を強制する方法を説明します。

FORCE Capitalization;

Capitalization:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

Capitalization テーブルには次の値があります。

Ab

Cd

Ef

Gh

すべての値の頭文字が大文字化されます。

この例では大文字の使用を強制する方法を説明します。

FORCE Case Upper;

CaseUpper:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseUpper テーブルには次の値があります。

AB

CD

EF

GH

すべての値が大文字になります。

この例では小文字の使用を強制する方法を説明します。

FORCE Case Lower;

CaseLower:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseLower テーブルには次の値があります。

ab

cd

ef

gh

すべての値が小文字になります。

この例では大文字と小文字の混在を強制する方法を説明します。

FORCE Case Mixed;

CaseMixed:

LOAD * Inline [

ab

Cd

eF

GH

];

CaseMixed テーブルには次の値があります。

ab

Cd

eF

GH

すべての値はスクリプトの表記と同じになります。

See also: