Execute

Execute ステートメントはその他のプログラムの実行に使用しますが、QlikView ではデータのロードを行います。例えば、必要な変換を行う場合などです。

Syntax:  

execute commandline

Arguments:  

引数 説明
commandline

オペレーティング システムがコマンド ラインとして解釈するテキスト。

QlikView での Execute の有効化

既定値では、リロード中の Execute ステートメントの実行は、QlikView Server および QlikView Desktop の両方で無効化されます。QlikView Server または QlikView Desktop のインストールで Execute コマンドを手動で有効にすることができます。

QlikView Server

QlikView Batch Settings.ini ファイルを変更することによって、QlikView ServerExecute ステートメントを有効にすることができます。

次の手順を実行します。

  • C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Roaming\QlikTech\QlikViewBatch に移動して、Settings.ini ファイルを開きます。
  • AllowExecuteCommand 行を探して、次のように値を 1 に設定します。
    AllowExecuteCommand=1

ここで、QlikView Management Console からドキュメントのリロードを実行すると、Execute ステートメントが有効になります。

注: Execute ステートメントの実行は、QlikView Batch (QVB) ログ ファイルに登録されます。QlikView Server でスクリプトの実行時に QlikView Batch ログ ファイルを生成するには、C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Roaming\QlikTech\QlikViewBatch にあるSettings.ini ファイルを開き、次のフラグを追加します。
EnableQVBLog=1

QlikView Desktop

次の手順を実行します。

  • QlikView Desktop スタート ページで、[設定] ドロップダウン メニューをクリックして [ユーザー プロパティ] を選択します。
  • [セキュリティ] タブで、[スクリプトからのデータベースへの書込/実行ステートメントの実行を許可する] を選択して、セキュリティの上書きを有効にします。
注: スクリプトで Execute ステートメントを許可するには、必ず [スクリプトからのデータベースへの書込/実行ステートメントの実行を許可する] 設定を有効にする必要があります。
参照: ユーザー プロパティ: セキュリティ
  • Execute ステートメントを実行する QlikView ドキュメントを開き、[ファイル] ドロップダウン メニューから [ロード スクリプトの編集] を選択してスクリプト エディタを開きます。
  • スクリプト エディタ ウィンドウの下部で、[設定] タブに移動して [外部プログラムを実行する] を選択します。

これで、リロード中にスクリプトでこのステートメントを実行できるようになりました。

スクリプト エディタの設定で [外部プログラムを実行する] 設定が有効になっていない場合でも、リロード中にこのステートメントを実行できます。この場合は、Execut ステートメントを含むスクリプトを実行するたびに、[Security Alert] (セキュリティ アラート) ウィンドウが表示されます。スクリプトで Execute ステートメントの実行を許可するには、[Security Alert] (セキュリティ アラート) ウィンドウにあるオプションから [Override Security, Execute This Statement] (セキュリティを上書きしてこのステートメントを実行する) を選択します。

注: Execute ステートメントの実行は、ログ ファイルに登録されます。QlikView Desktop でスクリプトの実行時にログ ファイルの生成を有効にするには、[設定] ドロップダウン メニューから [ドキュメント プロパティ] を選択し、[基本設定] タブで [ログ ファイルの生成] を選択します。

Example:  

Execute "C:\Program Files\Office12\Excel.exe";

Execute "winword macro.doc";

Execute cmd.exe /C "C:\BatFiles\Log.bat";

注: /Ccmd.exe のパラメータのため、必ず含める必要があります。