Crosstable

crosstable プリフィックスはストレート テーブルにクロス テーブルを返すために使用されます。つまり、多くの列を持つワイド テーブルは、トール テーブルに変換され、列の見出しは、単独の属性列に配置されます。

Syntax:  

crosstable (attribute field name, data field name [ , n ] ) ( loadstatement | selectstatement )

Arguments:  

引数 説明
attribute field name 属性値を含む項目。
data field name

データ値を含む項目。

n

汎用的な形式に変換されるテーブルに先行する修飾子項目の数。デフォルトは 1 です。

クロス集計は、ヘッダー データが直交する 2 つ以上のリストに値のマトリックスを持つテーブルの一般的な種類です。このうちの 1 つは、列ヘッダーとして使われます。典型的な例では、1 か月につき 1 つの列が使用されます。crosstable プレフィックスを使用すると、列ヘッダー (月名など) が 1 つの項目 (属性項目) に保存され、列データ (月を表す数字) は 2 番目の項目 (データ項目) に保存されます。

Example:  

Crosstable (Month, Sales, 2) LOAD * INLINE[

Person, Location, Jan, Feb, Mar

Bob, London, 100, 200, 300

Kate, New York, 400, 500, 600

];

結果:

Person, Location, Month, Sales
Bob, London, Jan, 100
Bob, London, Feb, 200
Bob, London, Mar, 300
Kate, New York, Jan, 400
Kate, New York, Feb, 500
Kate, New York, Mar, 600

クロステーブル ウィザード

クロステーブル ウィザードは、ダイアログ形式で crosstable ステートメントを作成します。このダイアログは、[ファイル ウィザード][オプション] ページで [クロステーブル] ボタンをクリックすると開きます。クロステーブル ウィザードには次のオプションがあります。

行見出し項目 変換後に項目に先行する行見出しとする項目の数。
列見出しの項目名 変換後に列見出しとなる項目 (属性値) すべてを含む新しい項目の名前。
値の項目名 列見出しとなる項目のデータを含む新しい項目の名前。