QlikWorld 2020 Global Conference. Join us to discover how to get the most from your data. Act fast. Register now and save.

Call

call 制御ステートメントは、事前に sub ステートメントで定義されているサブルーチンを呼び出します。

Syntax:  

Call name ( [ paramlist ])

 

Arguments:  

引数 説明
name サブルーチンの名前。
paramlist サブルーチンに送られる実パラメータのコンマ区切りのリスト。リスト内の各項目は、項目名や変数名、任意の数式です。

call ステートメントで呼び出されるサブルーチンは、スクリプトの実行中に先に出現する sub ステートメントで定義される必要があります。

パラメータはサブルーチンにコピーされます。call ステートメントのパラメータが数式ではなく変数の場合、パラメータはサブルーチンが終了したときにコピーして戻されます。

Limitations:  

call ステートメントは、制御ステートメントであり、セミコロンまたは改行コードで終わるため、行をまたぐことはできません。

Example 1:  

// Example 1

Sub INCR (I,J)

I = I + 1

Exit Sub when I < 10

J = J + 1

End Sub

Call INCR (X,Y)

 

Example 2:  

// Example 2 - List all QV related files on disk

sub DoDir (Root)

For Each Ext in 'qvw', 'qvo', 'qvs', 'qvt', 'qvd', 'qvc'

For Each File in filelist (Root&'\*.' &Ext)

LOAD

'$(File)' as Name, FileSize( '$(File)' ) as

Size, FileTime( '$(File)' ) as FileTime

autogenerate 1;

Next File

Next Ext

For Each Dir in dirlist (Root&'\*' )

Call DoDir (Dir)

Next Dir

End Sub

Call DoDir ('C:')