関係演算子

すべての関係演算子はオペランドの値を比較し、結果としてTrue (-1) または False (0) を返します。すべての関係演算子が二項演算子です。

< 未満 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
<= 以下 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
> 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
>= 以上 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
= 等しい 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
<> 等しくない 両方のオペランドが数値と解釈できる場合、数値比較が行われます。この演算は、比較の評価の論理値を返します。
precedes  

< 演算子とは異なり、比較の前に引数値の数値解釈は行われません。演算子の左側の値がテキスト表現で、それが文字列の比較で右側の値のテキスト表現の前に来る場合は True を返します。

Example:  

'1 ' precedes ' 2' の戻り値: FALSE

一方、

' 1' precedes ' 2' の戻り値: TRUE

空白 (' ') の ASCII 値は、数字の ASCII 値より、少ない値になります。

これを次の例と比較します。

'1 ' < ' 2' の戻り値: TRUE

および

' 1' < ' 2' の戻り値: TRUE

follows   > 演算子とは異なり、比較の前に引数値の数値解釈は行われません。演算子の左側の値がテキスト表現で、それが文字列の比較で右側の値のテキスト表現の後に来る場合は True を返します。

Example:  

' 2' follows '1FALSE を返します

一方、

' 2' follows ' 1' の戻り値: TRUE

空白 (' ') の ASCII 値は、数字の ASCII 値より、少ない値になります。

これを次の例と比較します。

' 2' > ' 1' の戻り値: TRUE

および

' 2' > '1 ' の戻り値: TRUE