日付および時刻関数

QlikView の日付および時刻関数は、日付と時間の値を転送、変換するために使用されます。すべての関数は、ロード スクリプトおよびチャート式の両方で使用できます。

関数は、1899 年 12 月 30 日からの経過日数と等しい日時のシリアル値に基づいています。整数値は日付を表し、小数値はその日付の時刻を表します。

QlikView はパラメータの数値を使用するため、日付や時刻として書式設定されていない場合でも、数値はパラメータとして有効です。パラメータが文字列の場合など、数値ではない場合、QlikView は、日付と時刻の環境変数に従って、その文字列の解釈を試みます。

パラメータで使用されている時刻書式が、環境変数で設定されている書式に対応していない場合、QlikView は正しく解釈することができません。この問題を解決するには、設定を変更するか、変換関数を使用します。

各関数の例は、日付と時刻のデフォルト書式である hh:mm:ss および YYYY-MM-DD (ISO 8601) を使用していると仮定して記載しています。

注:

日付と時刻を日付または時刻関数で処理する際に、日付または時刻関数に地理的な位置が含まれている場合を除いて、QlikView では夏時間パラメータが無視されます。

たとえば、ConvertToLocalTime( filetime('Time.qvd'), 'Paris') では夏時間パラメータが使用されますが、ConvertToLocalTime(filetime('Time.qvd'), 'GMT-01:00') では夏時間パラメータが使用されません。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

時刻の整数式

タイムスタンプ関数

make 関数

その他の日付関数

timezone 関数

時刻設定関数

in... 関数

start ... end 関数

 

日付連番関数