レポート編集

[レポートの編集] ダイアログは、[レポート リスト][ページの編集] の 2 ページで構成されます。初めて [レポートの編集] を開くと、[レポート リスト] が表示されます。

レポート リスト

[レポート リスト] ページは、レポートを管理するために使用されます。新しいレポートを作成したり、既存のレポートを削除することができます。このページは、レポート編集で編集するためのレポートを選択する場所でもあります。ページの上部には、ドロップダウンとレポートのリストが表示されます。ドロップダウン メニューは以下のとおりです。

レポート ドキュメント レポート
アクティブなドキュメント内のすべてのドキュメント レポートのリストを開きます。レポート名をクリックすると、レポートを印刷するための [印刷] ダイアログが開きます。
マイ レポート
ユーザーのコンピュータに個別に保存されたレポートのリストを開きます。レポート名をクリックすると、レポートを印刷するための [印刷] ダイアログが開きます。
マイ サーバー レポート
個人用サーバー レポートは、認証されたユーザーが QlikView Server ドキュメントを操作している場合に限り使用できます。サーバーのリポジトリに保存され、認証されたコンピュータのユーザーがアクセスできます。
共有サーバー レポート
共有サーバー レポートは、認証されたユーザーが QlikView Server ドキュメントを操作している場合に限り使用できます。マイ サーバー レポートを作成したユーザーは、他のユーザーと共有するフラグを付けられます。これで他のユーザーが使用できるようになります。マイ サーバー レポートと同様、共有サーバー レポートはサーバーのリポジトリに保存されます。

レポートには、ドキュメントに保存される [ドキュメント レポート] と、ユーザーのコンピュータに個別に保存される [マイ レポート] があります。レポート編集 ダイアログの上部にある [レポート] ドロップダウン リストで、表示される [ドキュメント レポート] または [ユーザー レポート] を選択します。サーバー ドキュメントの場合は、[マイ サーバー レポート][共有サーバー レポート]、または [マイ レポート] を選択できます。リスト自体にはいくつかの列が含まれます。

名前 レポートの名前。
ID 一意のレポート ID (以下を参照)。
ページ レポートで現在定義されているページ数。
共有 このチェック ボックスは、[マイ サーバー レポート] リストでのみ使用できます。マイ サーバー レポートのいずれかでチェックをオンにすると、レポートは、[共有サーバー レポート] リストで同じサーバー ドキュメントの他の認証ユーザーからも使用できるようになります。レポートは、[マイ サーバー レポート] リストに限られ、[共有サーバー レポート] リストには表示されません。共有を取り消すには、いつでもチェック ボックスをオフにします。
Author レポートの作成者の認証された名前。
追加 新しいレポートを作成するには、このボタンを押します。上部の [レポートのリスト][ドキュメント レポート] が選択されている場合、新しいレポートはドキュメント レポートになります。[マイ レポート] が選択されている場合、新しいレポートはマイ レポートになります。レポートに名前を付けることができるように、[レポートの追加] ダイアログが開きます。[他のレポートからページをコピーする] チェックボックスをオンにし、ページをコピーするための既存のレポートをドロップダウン メニューで選択します。
削除 [レポートのリスト] で現在選択されているレポートを削除するには、このボタンを押します。
上へ [レポートのリスト] で現在選択されているレポートをリストの 1 つ上に移動するには、このボタンを押します。
下へ [レポートのリスト] で現在選択されているレポートをリストの 1 つ下に移動するには、このボタンを押します。
マイ レポートをサーバーに転送する このテキストは、サーバー ドキュメントを操作し、リストの上部のドロップダウンで [マイ レポート] を選択した場合にのみ表示されます。テキストをクリックすると、すべてのローカルのレポートをサーバー リポジトリに保存されるサーバーのレポートに変換できます。マイ サーバー レポートは、コンピュータを変更したりサーバー ドキュメントの名前を変更した場合でもサーバーからアクセスできるので、使用することをお勧めします。変換が行われる前に、確認のメッセージが表示されます。転送は、すべてかゼロのどちらかで (アクティブなドキュメント内で) 一方向です。
編集 >> 選択したレポートの [ページの編集] を起動します。このボタンを押す操作は、[レポートのリスト] でレポートをダブルクリックする操作と同じです。

ページの編集

[ページの編集] は、[レポート リスト] ページで選択したレポートのページを定義するために使用されます。このページには、レポート ページの設計を支援する 2 つのパネルと 1 つのツールバーがあります。下部には、次のボタンが表示されます。

レポート リスト >> [レポートのリスト] ページに戻ります。

[編集] メニュー

コピー レポートの現在の選択アイテムとページをコピーします。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
レポートの貼り付け クリップボードからレポートを貼り付けます。
ページの貼り付け クリップボードからページを貼り付けます。
アイテムの貼り付け クリップボードからアイテムを貼り付けます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。

グリッド

レポート アイテムの配置を補助するため、レポートにグリッドを表示します。

[レポート] メニュー

追加 レポートを追加します。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
削除 レポートを削除します。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
上へ 選択したレポートをレポートのリストの 1 つ上に移動します。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
下へ 選択したレポートをレポートのリストの 1 つ下に移動します。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
エクスポート XML ドキュメントとしてレポート ファイルを保存します。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
インポート XML として保存されたレポートをインポートします。[レポート リスト] を表示しているときにのみ有効です。
印刷プレビュー [印刷プレビュー] ダイアログを開き、QlikView ドキュメントの現在の選択範囲で印刷したときの現在のレポートの外観を確認できます。
印刷 [印刷] ダイアログを開き、現在のレポートを印刷します。
レポート設定 [レポート設定] ダイアログを開きます。このダイアログでは、レポートのさまざまなプロパティを設定できます。これには、余白、ヘッダー/フッターの設定などが含まれます。

ページ メニュー

上へ 現在選択されているページを 1 つ上に移動します。これは、ページ リスト パネルでページをドラッグ アンド ドロップして行うこともできます
下へ 現在選択されているページを 1 つ下に移動します。これは、ページ リスト パネルでページをドラッグ アンド ドロップして行うこともできます
複式ページの追加 現在選択されているページの後に複式ページを追加します。
単式ページの追加 現在選択されているページの後に単式ページを追加します。
削除 現在選択されているページを削除します。
ページ設定 [ページ設定] ダイアログを開きます。このダイアログでは、選択したページのさまざまなプロパティを設定できます。

アイテム メニュー

左揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを左に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
左右中央揃え 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを水平中央位置に配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
右揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを右に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
下揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを下に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上下中央揃え 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを垂直軸の中央に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを上に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
左右に整列 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを水平軸上に等間隔に整列します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上下に整列 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを垂直軸上に等間隔に整列します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
左詰め 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。一番左のオブジェクトの左端を基準にして右方向に、最小限の間隔を取ってアクティブなシート オブジェクトを配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上詰め 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。一番上のオブジェクトの上端を基準にして下方向に、最小限の間隔を取ってアクティブなシート オブジェクトを配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
幅を揃える (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。現在選択しているアイテムを同じ幅に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
高さを揃える (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。現在選択しているアイテムを同じ高さに揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
画像の追加... 新しいテキスト オブジェクトをドキュメントの非表示の場所に作成し、イメージを選択できる [テキスト オブジェクト プロパティ] ダイアログを開きます。イメージが通常の印刷アイテムとしてプレビュー パネルに表示されます。このパネルでは、他の印刷アイテムと同様に移動およびサイズ変更できます。
テキストの追加 新しいテキスト オブジェクトをドキュメントの非表示の場所にを作成し、[テキスト オブジェクト プロパティ] ダイアログを開きます。このダイアログでは、新しいテキスト オブジェクトのプロパティを編集できます。テキスト オブジェクトが通常の印刷アイテムとしてプレビュー パネルに表示されます。このパネルでは、他の印刷アイテムと同様に移動およびサイズ変更できます。
選択表示ボックスの追加 レポートの選択スタンプ オブジェクトを作成します。選択スタンプが通常の印刷アイテムとしてプレビュー パネルに表示されます。このパネルでは、他の印刷アイテムと同様に移動およびサイズ変更できます。
削除 現在選択されているアイテムを削除します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
アイテム設定 [アイテム設定] ダイアログを開きます。このダイアログでは、選択した印刷アイテムのさまざまなプロパティを設定できます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。 

2 つのパネルの下部には、異なるメニューの機能がアイコンとして表示されています。

ページ設定 ページ設定 ダイアログを開きます。このダイアログでは、選択した印刷アイテムのさまざまなプロパティを設定できます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
削除 強調表示されたページを削除します。
追加 現在選択されているページの後に 単式ページ または 複式ページ を追加します。
アイテム設定 [アイテム設定] ダイアログを開きます。このダイアログでは、選択した印刷アイテムのさまざまなプロパティを設定できます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
削除 強調表示されたアイテムを削除します。
追加 新しい画像や新しいテキスト、新しい現在の選択スタンプを追加します。

ページ リスト パネル

左側には、レポートのすべてのページのリストが表示されます。QlikView レポートには、単式ページと複式ページの 2 種類の異なるページを含めることができます。レポートには、任意の数のページを追加したり、2 種類のページを任意の組み合わせで混入できます。

単式ページ

単式ページには、任意の数のシート オブジェクトを含めることができます。ページは常に 1 用紙ページ (または PDF ページ) に印刷されますので、シート オブジェクトはページに合わせて拡大または切り捨てする必要があります。ページではシート オブジェクトを重ねることができます。テキストを追加できます。

複式ページ

複式ページには、印刷するデータ量に応じて、複数の用紙ページ (または PDF ページ) に広げることができる 1 つのシート オブジェクトを含めることができます。複式ページは、大きなテーブルを印刷するときの典型的な選択肢です。動的サイズのオブジェクトのほかに、ページの序文やアペンディックス領域には固定サイズのオブジェクトを追加できます。これらの領域は、単式ページと同様に動作します。

ページ リストの操作

編集するページを選択するには、リストのそのページをクリックします。ページ リスト パネルに直接関連付けられた多数のツールバー コマンドがあります。

単式ページの追加 現在選択されているページの後に単式ページを追加します。
複式ページの追加 現在選択されているページの後に複式ページを追加します。
ページの削除 現在選択されているページを削除します。
ページを上へ 選択したページをリストの 1 つ上に上げます。ページ リスト パネルでページをドロップ アンド ダウンすることもできます。
ページを下へ 選択したページをリストの 1 つ下に下げます。ページ リスト パネルでページをドロップ アンド ダウンすることもできます。

プレビュー パネル

ページ リスト パネルの右側には、ページ リスト パネルで現在選択されているページのプレビューが表示されます。

レポートへのシート オブジェクトの追加

レポート ページ プレビューにアイテムを追加するには、レイアウトからシート オブジェクトをドラッグ、またはダブルクリックするだけです。印刷オブジェクトは、QlikView レイアウトの現在の外観どおりにプレビューに表示されます。当然、レポートのオブジェクトの正確な外観は、選択したデータの変更だけでなく、プロパティの変更についても、印刷時のレイアウトでのシート オブジェクトの外観を動的に反映します。レイアウトの複数のシート オブジェクトを選択し、1 つのグループとしてレポートにドラッグできます。複式ページの中央の動的領域には、1 つの印刷オブジェクトしか追加できないことに注意してください。

ページでの印刷オブジェクトのサイズ変更と配置

追加されると、シート オブジェクトはプレビュー パネルに表示されます。オブジェクトの周囲には境界線が表示され、各角にはオブジェクトが選択されていることを示すプレースホルダが表示されます。マウスでオブジェクトをポイントし、目的の位置に移動します。角のプレースホルダを使用して、サイズを調整します。破線は、現在の余白を示します。この余白の外側には印刷オブジェクトを配置できません。

ページでの印刷オブジェクトの移動と選択

印刷オブジェクトを選択するには、それをクリックします。1 つの印刷オブジェクトが選択されると、TAB キーを使用して、選択を次のオブジェクトに移動できます (逆に移動するには SHIFT+TAB キー)。Shift キーを押しながらクリックして、複数のオブジェクトを選択します。複式ページでは、印刷オブジェクトを異なる領域の間でドラッグします。

プレビュー パネルでアイテムが強調表示されると、配置/整列ツールバーのコマンドが有効になります。

上揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを上に揃えます。
上下中央揃え 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを垂直軸の中央に揃えます。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
下揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを下に揃えます。
左揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを左に揃えます。
左右中央揃え 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを水平中央位置に配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
右揃え (Shift キーを押しながらクリックして) 2 つ以上の印刷オブジェクトが選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを右に揃えます。
左右に整列 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを水平軸上に等間隔に整列します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上下に整列 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。選択したオブジェクトを垂直軸上に等間隔に整列します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
左詰め 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。一番左のオブジェクトの左端を基準にして右方向に、最小限の間隔を取ってアクティブなシート オブジェクトを配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。
上詰め 印刷オブジェクトが 2 つ以上選択されているときにだけ使用できます。一番上のオブジェクトの上端を基準にして下方向に、最小限の間隔を取ってアクティブなシート オブジェクトを配置します。ページ プレビュー パネル内で右クリックして表示されるコマンドにもあります。

ツールバー コマンド

ページ プレビュー パネルに直接関連付けられた 2 つのツールバー コマンドがあります。

デザイン グリッド デザイン グリッドのオンとオフを切り替えます。これは、位置合わせ機能付きグリッドもアクティブにします。デザイン グリッドと位置合わせ機能付きグリッドをアクティブにすると、ページのシート オブジェクトを揃えることが簡単になりますが、あまり正確に制御できなくなります。
ズーム このドロップダウンでは、プレビュー パネル全体の拡大率を指定します。拡大率を大きくすると、オブジェクトの正確な配置がより簡単になります。

次に、[レポートの編集] ダイアログ内からレポートを印刷するために使用するツールバー ボタンがいくつかあります。

印刷プレビュー [印刷プレビュー] ダイアログを開き、QlikView ドキュメントの現在の選択範囲で印刷したときの現在のレポートの外観を確認するには、このボタンを押します。このボタンは、[レポートの編集] ダイアログの [ページの編集] ページにも用意されています。
印刷 [印刷] ダイアログを開き、現在のレポートを印刷するには、このボタンを押します。このボタンは、[レポートの編集] ダイアログの [ページの編集] ページにも用意されています。
コピー 強調表示されたレポート、ページ、アイテムをコピーします。

最後に、コピーしたレポート、ページ、アイテムを貼り付けるためのツールバー ボタンがあります。