OLE DB と ODBC

OLE DB

QlikView は、外部データ ソースに接続するための OLE DB インターフェースをサポートしています。ODBC ドライバの Microsoft OLE DB プロバイダを介して数多くの外部データベースにアクセスできます。

正しい OLE DB プロバイダはインストールされているか。

ファイル > ロード スクリプトの編集 > OLE DB 接続を選択すると、OLE DB プロバイダが正しくインストールされている場合、データ リンク プロパティ ダイアログが開かれます。接続できないことを示すエラー メッセージが表示される場合、インストールする必要があります。

ODBC インターフェースが必要となる場合

一般的なデータベースにアクセスする場合は、ODBC (Open DataBase Connectivity) インターフェースがインストールされている必要があります。また、データベースのデータを QlikView で読み取り可能なファイルにエクスポートする場合にも、ODBC インターフェースが必要です。

通常、オペレーティング システムには、いくつかの ODBC ドライバがインストールされています。また、ドライバを追加する場合は、ソフトウェア販売店から購入したり、インターネットで見つけたり、DBMS 製造元から配布を受けるなどして入手できます。無料で再配布されているドライバもあります。

ここでは、クライアント コンピュータ上にある ODBC インターフェースについて説明します。ODBC を使用してネットワーク サーバー上のマルチユーザー リレーショナル データベースにアクセスする場合、クライアントがサーバー上のデータベースにアクセスできるようにするには、DBMS ソフトウェアを追加することが必要になる場合があります。必要なソフトウェアの詳細については、DBMS 供給元に問い合わせてください。

QlikView は 32 ビット ODBC ドライバと 64 ビット ODBC ドライバで動作します。

正しい ODBC ドライバがインストールされていることの確認

64 ビット プラットフォームでは、32 ビットと 64 ビットの両方のアプリケーションを使用できます。また、32 ビットと 64 ビットの両方の ODBC ドライバを実行できます。

64 ビット バージョンの ODBC と QlikView を使用している場合は、[管理ツール][コントロール パネル][ODBC データ ソース アドミニストレータ] があります。

32 ビット バージョンの ODBC と QlikView を使用している場合は、実行可能ファイル odbcad32.exe を使用して 32 ビット用の ODBC アドミニストレータを起動する必要があります。このファイルは、SysWOW64 フォルダ (通常、c:\windows\SysWOW64) にあります。

Microsoft によれば、64 ビット バージョンのオペレーティング システムでは、system32 フォルダ (通常、c:\windows\system32) には 64 ビット ファイルのみが格納されています。32 ビット バージョンのファイルもある場合、ファイルは syswow64 フォルダにあります。詳細については、http://technet.microsoft.com を参照してください。

32 ビットのオペレーティング システムでは、すべてのファイルとドライバが 32 ビットであるため、設定は非常に単純です。

システムには、ODBC データ ソース アドミニストレータ がインストールされています。(64 ビット オペレーティング システム上で 32 ビット ODBC を使用する場合は、odbcad32.exe を起動します)。

[ドライバ] タブに移動して、インストールされているドライバを確認します。

[ドライバ] ページで必要なドライバが見つからない場合は、ソフトウェア供給元に連絡して正しいドライバを入手してください。

ODBC データ ソースの作成

アクセスするデータベースの ODBC データ ソースを作成する必要があります。作成は、ODBC インストール時に行うことも、後で行うこともできます。

データ ソースの作成を開始する前に、データ ソースをユーザー データ ソースとシステム データ ソースのどちらにするかを決定する必要があります。ユーザー データ ソースは、正しいユーザー ID でログオンしないとアクセスできません。データ ソースを他のユーザーと共有する場合は、システム データ ソースを作成する必要があります。

  1. [ODBC データ ソース アドミニストレータ] ダイアログを開きます。
  2. ユーザー データ ソースを作成する場合はユーザー DSN タブ、システム データ ソースを作成する場合はシステム DSN タブに移動します。
  3. [追加] ボタンをクリックします。[データ ソースの新規作成] ダイアログが表示され、インストールされている ODBC ドライバのリストが表示されます。
  4. 正しい ODBC ドライバがリストされている場合は、それを選択して [OK] ボタンをクリックします。選択したデータベース ドライバに固有のダイアログが表示されます。データ ソースに名前を付け、必要なパラメータを設定します。準備ができたら、[OK] ボタンをクリックします。