データのロードについて

ここでは、データの QlikView へのロード方法について簡単に紹介します。このセクションのトピックの基本として、基本的なデータのロードと変換の方法を説明します。

QlikView は、スクリプト エディタで管理されるロード スクリプトを使用し、さまざまなデータ ソースに接続してデータを取得します。ロード対象の項目とテーブルは、スクリプト内で指定します。特別なスクリプト ステートメントや数式を使用して、データ構造を操作および変換することもできます。

スクリプトの実行中、QlikView は異なるテーブル間で共通する項目 (キー項目) を特定し、データを関連付けます。ドキュメントにおける結果データのデータ構造は、テーブル ビューアーで確認できます。項目名を変更し、テーブル間に異なる関連付けを設定することで、データ構造を変更できます。

[リロード] ボタンをクリックして、スクリプトを実行します。スクリプト実行後、[項目の選択] ダイアログが開き、QlikView のシートのリスト ボックスに表示する項目を選択できます。

QlikView にロードされたデータは、ドキュメントに保存されます。ドキュメントはプログラムの機能を決定する要素となり、無制限のデータ連結方法、膨大な利用可能軸の数、分析スピード、コンパクトなサイズといった特性を発揮します。ドキュメントを開くと、データは RAM に保持されます。

QlikView の分析は常に、ドキュメントがデータ ソースに直接接続されていない間に行われます。そのため、データを更新するには、スクリプトをリロードする必要があります。