ドキュメント プロパティ:シート

ドキュメント プロパティ:シート ページは、QlikView ドキュメントのすべてのシートやシート オブジェクトを把握するのに役立ちます。このページには、シートシート オブジェクトの 2 つのリストがあります。

どちらのテーブルも、列ヘッダーをクリックして、任意の列でソートできます。

シート リストには以下の情報が含まれています。

# 0 で始まるシート番号 (位置)。
シート ID シートの一意の ID
タイトル シート タブに現在表示されているテキスト。
状態 シートの状態が「標準」、「隠す」、「条件付き」のどれであるかを示します。
オブジェクト数 シートにある現在のシート オブジェクト数。

リストのシートをクリックし、下にある 削除 ボタンを使用する、また、このメニューから直接その プロパティ ダイアログを開きます。ここでは、ボタンを使用してシートを 左へ/右へ 動かすこともできます。

シート オブジェクト リストには以下の情報が含まれています。

シート ID シートの一意の ID
オブジェクト ID 既存のシート オブジェクトの一意のオブジェクト ID をリスト表示します。リンク オブジェクトは、同じオブジェクト ID を共有します。
タイプ オブジェクトの種類を明確に記載します。
キャプション シート オブジェクトのキャプションに現在表示されているテキスト。
表示モード オブジェクトの状態が「標準」、「最小化」、「最大化」、「隠す」、「条件付き」のどれであるかを示します。
演算時間 オブジェクトの内容の前回の演算にかかったミリ秒単位の時間。この情報は、チャート、テーブル ボックス、または式を含むオブジェクトなど、実際に演算するオブジェクトにのみ関係します。
レイヤー シート オブジェクトのプロパティ ダイアログの [レイアウト] ページで設定されレイヤーで、[背面][標準位置][前面] は、リストに表示される番号 -1、0、1 に対応します。(ただし、シート オブジェクトのレイヤーは、オートメーション API によって -128 ~ +127 の任意の番号に設定できます。)
メモリ オブジェクトの内容の前回の再演算にかかった一時メモリ量 (KB)。この情報は、チャート、テーブル ボックス、または式を含むオブジェクトなど、実際に演算するオブジェクトにのみ関係します。
左、 上、 右、
背面
シート オブジェクトの端の、ドキュメント ウィンドウの端との相対的な現在位置 (ピクセル単位)。
幅、高さ シート オブジェクトのサイズ・寸法 (ピクセル単位)。
左 (最小化)、上 (最小化)、右 (最小化)、
下 (最小化)
アイコン化 (最小化) 時のシート オブジェクトの現在位置 (ピクセル単位)。
シート オブジェクトの最小化アイコンの現在の幅 (ピクセル単位)。
高さ シート オブジェクトの最小化アイコンの現在の高さ (ピクセル単位)。
構造のエクスポート このボタンを押すと、ドキュメントのシートおよびシート オブジェクト構造を一連のテキスト ファイルにエクスポートできます。シート用のテキスト ファイル (filename.Sheets.tab) と、シート オブジェクト用のテキスト ファイル (filename.Objects.tab) が生成されますが、これらは、QlikView で簡単に読み取ることができ、QlikView のロジックを十分に活用して詳細に分析できます。エクスポートするターゲット フォルダを選択できるダイアログが表示されます。デフォルトでは、ファイルは QlikView ドキュメントと同じフォルダに保存されます。

リストのオブジェクトをクリックし、下にある 削除 ボタンを使用する、また、このメニューから直接その プロパティ ダイアログを開きます。Ctrl キーを押しながらクリックすると複数のオブジェクトを選択できます。