ドキュメント プロパティ:数値

このプロパティ ページは、ドキュメントの項目と変数すべての数値書式設定を提供します。

左側にあるリストは、ドキュメントの [項目] もしくは [変数] を表示するために設定されます。

[項目オプション] グループは、[項目] にのみ使用されます。

データロード時の設定に戻す ボタンは、書式設定をデータロード時に設定します。

リロード時に現在の設定を保持する チェックボックスをオンにすると、書式設定は永久にドキュメントに適用されます。

書式設定用に次のコントロールを使用できます。

混合 数値とテキストの両方。数値は元の書式で表示されます。
数値 有効桁数 ボックスで設定した桁数で数値を表示します。
整数 数値を整数で表示します。
実数 小数点以下の桁数 ボックスで設定した桁数の小数点値で数値を表示します。
通貨 プレビュー テキスト ボックスに表示される書式で数値を表示します。デフォルトの書式は Windows の通貨設定です。
日付 書式パターン 編集ボックスに設定される書式で日付として変換した値を表示します。この書式のサンプルは、プレビュー テキスト ボックスに表示されます。
時刻 書式パターン 編集ボックスに設定される書式で時刻として変換した値を表示します。この書式のサンプルは、プレビュー テキスト ボックスに表示されます。
日付と時刻 書式パターン 編集ボックスに設定される書式で日付 + 時刻として変換した値を表示します。この書式のサンプルは、プレビュー テキスト ボックスに表示されます。
時間間隔 シーケンシャルな時間増分で時間を表示します (例:書式 = mm では、値をカレンダーが始まってからの分の数で表示します (1899:12:30:24:00)。

[パーセント表示 (%)] ボタンは次の書式で機能します: [数値]、[整数]、および [実数]。

[小数点] と [桁区切り] 区切り記号は、[区切り記号] グループの編集ボックスで設定できます。

ISO ボタンは、日付、時刻、日付と時刻の書式に標準 ISO を使用します。

[システム] ボタンは、書式設定にシステム設定を使用します。