ドキュメント プロパティ:基本設定

 

タイトル ここでは、ウィンドウのキャプションに表示されるタイトルを入力できます。初期設定では、ドキュメントのファイル名が使用されます。変更するには、タイトル 編集ボックスにその内容を入力します。
Author [作成者] 編集ボックスでは、QlikView ファイルの作成者を指定します。
保存形式

このグループでは、QlikView ファイルの圧縮レベルを設定します。
圧縮率
[標準] と [] オプションは、ロードや保存スピードに多少影響がでますが、QlikView ファイルのサイズを大幅に減少させます。ドキュメント プロパティ の圧縮率オプションの設定は、現在のドキュメントに作用します。ユーザー プロパティ の圧縮率オプションの設定は、新規作成のドキュメントに作用します。

ユーザー プロパティ: 保存

ポップアップ アラート このボタンはポップアップ アラート メッセージを定義する [ポップアップ ウィンドウ設定] ダイアログを開きます。
ポップアップ ヘルプ このボタンはポップアップ ヘルプ メッセージを定義する [ポップアップ ウィンドウ設定] ダイアログを開きます。
並列ステート

並列ステート機能は QlikView 開発者によって有効化されます。開発者はこのボタンをクリックして 並列ステート ダイアログを開きます。

並列ステート

注: この機能が QlikView ドキュメントで本当に必要でない限り有効にしないでください。
メモリ稼働統計 現在の QlikView ドキュメントのメモリ使用量統計を含むテーブル ファイルを保存するには、このボタンをクリックします。このファイルは、たとえば、ドキュメントのさまざまな部分の必要メモリ量を分析するために QlikView で読み取ることができます。
シート背景の設定 ドキュメント ウィンドウ の シート背景の設定背景色 は、このチェックボックスをオンにするとカスタマイズできます。色は、ボタンをクリックすると表示される [色の設定] ダイアログで、単色またはグラデーションとして定義できます。また、壁紙チェックボックスをオンにして変更ボタンをクリックし、背景にする画像を指定できます。画像の挿入 ダイアログが開き、画像ファイルを選択できます。背景の画像は次のオプションで変更できます。

画像形式:
縮小/拡大なし:
画像はそのままのサイズで表示され、覆い隠すことが出来ない可能性があります。
塗りつぶし:
画像は、縦横比を無視して、シート全体を覆うように拡大されます。
縦横比を固定する:
画像は、縦横比を維持したまま、できる限り拡大されます。
縦横比を固定して塗りつぶし:
画像は、縦横比を維持したまま、できる限り拡大されます。覆われなかった領域は切り取られた画像で塗りつぶされます。
並べて表示:
このオプションを選択した場合、画像は、スペースがあるだけ繰り返し並べて表示されます。

水平方向と垂直方向:
水平:
画像は水平方向に、中央、または
垂直:
画像は垂直方向に、上揃え中央揃え、または 下揃え に配置できます。
FTP をパッシブモードで実行する

FTP をパッシブモードで実行するチェックボックスをオンにすると、パッシブ FTP が有効になります。FTP パッシブモード オプションは、ファイアーウォールを通してサーバーに接続する場合に使用します。

インターネット ファイル/QlikView ドキュメントを開く

ログ ファイルの生成 ロード スクリプトの実行を追跡するには、[ログ ファイルの生成] を選択します。ロード スクリプト実行中に ロードスクリプトの進捗ウィンドウに表示される情報が、 qv.log として保存されます。
ログファイル名に日付と時刻を使用する タイムスタンプを使用してログファイルに名前を付けます(例:sales.qvw.2009_02_26_12_09_50.log)。設定は、ログ ファイルの生成チェックボックスをオンにすると有効になります。
無効なメニュー オプションを隠す 無効なメニュー オプションを隠す は、セキュリティ設定と併せて使用されます。通常は灰色表示になるメニュー オプションが、ユーザーから完全に隠されます。
タブを隠す タブを隠す チェックボックスをオンにすると、QlikView のシート タブが取り除かれます。シート間を移動するには、[シートを右へ] / [シートを左へ] もしくは [表示] メニューのシート ツールバーを使用する必要があります。オートメーション制御を使用して、ユーザーにシートの移動や選択を一定の順序で行わせることもできます。
照会先のない QVD バッファを保持する [照会先のない QVD バッファを保持する] 設定は、作成元のドキュメントに使用されなくなった場合に、自動生成されたQVD ファイル をロード スクリプトの実行後に消去する通常の手順を無視します。この設定は、通常オフにしておきます。
レガシー分位数計算 [レガシー分位数計算] チェック ボックスをオンにすると、Qlikview は分位数集計関数の結果として不連続値を使用します。チェック ボックスをオフにすると、QlikView は、Microsoft Excel の Percentile 関数のように補間値を使用します。
レイアウトを元に戻す機能を無効にする レイアウトを元に戻す機能を無効にする チェック ボックスをオンにすると、レイアウトを元に戻すためのバッファが一時停止されます。特定の QlikView ドキュメントを配布するときに不必要なメモリ消費を避ける場合に便利な機能です。ユーザーまたはマクロがレイアウトを変更するたびに、通常、データのチャンクがレイアウトを元に戻すためのバッファに追加されます。極端な場合は、QlikView Server でドキュメントを配布するときに、蓄積されたバッファ データによって問題が発生することがあります。
WebView モードで表示する QlikView 内で Web ブラウザを使用し AJAX ページとしてドキュメントを表示する WebView モードのオンとオフを切り替えます。
エクスポート エンコード設定 エクスポート エンコード設定 を使用し、新規のドキュメントでエクスポートする際のデフォルトの文字セットを設定します。以下のオプションのいずれかを選択します。[ANSI]、[Unicode]、または [UTF-8]。
スタイルのモード スタイルのモード ドロップダウン メニューで、すべてのシート オブジェクトのオブジェクト スタイルを選択できます。

詳細設定では、シート オブジェクトのスタイルやオブジェクトのレイアウトページで設定/使用される枠線の種類などを設定できます。

簡易設定 でも、シート オブジェクトのスタイル を選択することができますが、ほとんどは自動的に設定されます。スクロールのスタイル や枠線などが設定されます。設定のいくつかは、オブジェクトの レイアウト ページで変更することができます。
シート オブジェクトのスタイル [シート オブジェクトのスタイル] ドロップダウンで、シート オブジェクトのキャプションのスタイルを選択します。選択したスタイルは、ドキュメント内のすべてのキャプション付きのシート オブジェクトに使用されます。
タブのスタイル タブのスタイル のドロップダウンから、タブの表示スタイルを 1 つ選択します。選択したスタイルは、ドキュメントのすべてのタブに使用されます。
選択スタイル設定

QlikView では、リスト ボックスやマルチ ボックスでデータを表示したり選択したりするためにいくつかの異なる方法をサポートしています。QlikView Classicコーナー タグLED、および LED チェック ボックス スタイルはすべて、選択値、絞込値、および除外値を示すために色分けを使用しています。チェックボックス スタイルと LED チェックボックス スタイルは Windows の標準インターフェースに類似しており、各値にチェックボックスが付いています。このコントロールで個別のスタイルを選択すると、ドキュメントをどこで開いても個別のスタイルで表示できます。色に基づいた選択スタイルを使用する場合、多数の異なる配色が使用可能です。基本となる色の配色 (選択されていれば緑、ロックされていれば青など) は変更できませんが、さまざまな色調と強度が利用できます。

ユーザー プロパティ: 基本設定 また、リスト ボックス

スタイル
ドキュメントの選択のスタイルを設定します。ドロップダウン リストにある使用可能な選択肢から選択してください。<初期設定> を選択すると、ドキュメントは、常に、ドキュメントが開かれているコンピュータ上でユーザーがユーザー プロパティで指定したスタイルで開かれます。
配色
ドキュメントの選択の配色を設定します。ドロップダウン リストにある使用可能な選択肢から選択してください。<初期設定> を選択すると、ドキュメントは、常に、ドキュメントが開かれているコンピュータ上でユーザーがユーザー プロパティで指定した配色で開かれます。
透過性
リスト ボックスやマルチ ボックスで選択した色の透過性を設定します。

タブの背景 タブの背景 ボタンをクリックし、タブ行の背景にカスタム カラーを指定します。