チャート

チャートとテーブルは、数値を簡潔に表示できるシート オブジェクトです。たとえば、年、月、口座番号などのさまざまな項目に配置された金額の合計を表示できます。

チャートやテーブルは、1 つの項目のさまざまな値のレコード数か、1 つの計算値 (1 つの項目の絞込値の合計など) を表示するように設定できます。どちらの場合でも、特定の項目を X 軸として選択する必要があります。つまり、この項目を使用して、円グラフのスライス、棒グラフのさまざまな棒、およびピボット テーブルの行にそれぞれラベルを付けることができます。

用意されているさまざまなチャートの種類

選択できるチャートの種類は、棒グラフ、円グラフ、コンボ チャート、散布図、折れ線グラフ、レーダー チャート、グリッド チャート、ゲージ チャート、ブロック チャート、ファネル チャート、ピボット テーブル、ストレート テーブル、およびメッコ チャートです。

棒グラフ

円グラフ

コンボ チャート

散布図

折れ線グラフ

レーダー チャート

グリッド チャート

ゲージ チャート

ブロック チャート

ファネル チャート

ピボット テーブル

ストレート テーブル

メッコ チャート

QlikView チャートは、主要な 2 つのカテゴリに分類できます。1 つ目のグラフ チャートは、棒、折れ線、コンボ、円、散布図、レーダー、グリッド、ブロック、メッコおよびゲージ チャートで構成されます。2 つ目のカテゴリのテーブル チャートは、ストレート テーブルとピボット テーブルで構成されます。これらのチャートの種類は、列と行のセルを含むテーブルとして描画されます。テーブル ボックスは、多くの点でテーブル チャートに似ていますが、チャートではなく、シート オブジェクトの別の種類であることに注意してください。

グラフ チャート

以下の棒グラフには、QlikView グラフ チャートの一般的なコンポーネントのいくつかを示します。

多くの場合、さまざまなコンポーネントの位置は、ユーザーが変更できます。

チャート コンポーネントのサイズ変更と移動

テーブル チャート

上のピボット テーブルには、QlikView テーブル チャートの一般的なコンポーネントのいくつかを示します。