チャートの種類

チャートは、数値データをグラフィカルに表現したものです。選択できるチャートの種類は、棒グラフ、折れ線グラフ、コンボ チャート、レーダー チャート、散布図、グリッド チャート、円グラフ、ファネル チャート、ブロック チャート、ゲージ チャートピボット テーブル、および ストレート テーブルです。既存のチャートを別の表示に切り替えるには、[チャートの種類] ([チャート プロパティ: 基本設定] ページ内) を変更します。

チャートの種類の簡単な紹介:

棒グラフ 最も基本的なチャートの種類です。各 x-軸の値は棒に対応し、棒の高さは y 軸の数値に対応しています。
折れ線グラフ

折れ線グラフは、本質的には棒グラフと同じ方法で定義されます。データは、棒の代わりに、値の点と点との間を結ぶ線、あるいは点だけ、または線と値の点の両方で表示できます。

コンボ チャート コンボ チャートを使用すると、棒グラフの機能と折れ線グラフの機能を組み合わせることができます。1 つの数式を線またはマーカーで表示しながら、他の数式を棒で表示できます。
レーダーチャート レーダー チャートは、x- 軸がチャートの周りを一周するように配置された一種の折れ線グラフで、結果は、レーダー画面やくもの巣に似ています。
散布図 散布図は、 1 つ以上の軸で反復する数式の組み合わせを表現するデータ点を描きます。両方の軸は継続的で、それぞれ 1 つの数式を表しています。
グリッド チャート グリッド チャートは散布図に似ていますが、軸に軸の値を表し、プロット マーカーを決定する数式を使用します。プロット マーカーとして、第 3 軸を小さい円グラフ形式で表示することもできます。
円グラフ 1 つの項目 (第 1 軸) と 1 つの数式の関係を表示します。第 2 軸を設定すると、変形したチャートの種類が表示されます。複数の数式が [チャート プロパティ: 数式] ページで有効になっている場合は、最初の数式リストが表示されます。数式を切り替えるには [数式] プロパティ ページの [左へ移動]/[右へ移動] ボタンを使用します。
ブロック チャート ブロック チャートは、数式の値と値の関係を大きさが異なる領域ブロックで表示します。1 軸から最大 3 軸まで使用でき、各軸のブロックがサブブロックに細分化されます。ブロック チャートの領域の合計は、常に絞り込まれた数式の値の 100% になります。「ヒート チャート」と呼ばれるチャートを作成するのに色関数が使用される場合があります。
ファネル チャート ファネル チャートは通常、データをフローおよびプロセスで表示するために使用します。表示の観点から見ると、このチャートは円グラフと関連しています。チャートは、データに比例したセグメントの高さ/幅またはセグメントの領域で表示されます。また、データ ポイントを無視して、セグメントの高さ/幅が均一なチャートを描画することもできます。
ゲージ チャート ゲージ チャートは、軸のない単一の数式の値を表示するために使用されます。
メッコ チャート メッコ チャートでは、さまざまな幅の棒を使用してデータを表します。2 軸のチャートでは、データを最大 3 レベルまで表示できます。メッコ チャートは、マーケット分析などの領域で有効です。
ピボット テーブル ピボット テーブルは、軸と数式をテーブル形式で表示します。可能な軸や数式の数に、正式な制限はありません。
ピボット テーブルは、数式を使用せずに、軸レベルを移動するためのツリー ビューの生成を定義できます。
ストレート テーブル ストレート テーブルのピボット テーブルとの違いは、小計を表示できないことと、軸のグループがレコード形式で表示されるためテーブルの各行に項目と数式の値が含まれることです。