QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

ZTestw_conf - スクリプトおよびチャート関数

ZTestw_conf() は、一連の値に対して集計された z 信頼区間値を返します。

この関数は、入力データ系列が加重 2 段組で与えられる z 検定に適用されます。

関数がロード スクリプトでが使用される場合、値は group by 句で定義されたレコードで反復処理されます。

関数がチャート式で使用される場合、値はチャート軸に対して反復処理されます。

Syntax:  

ZTest_conf(weight, value[, sigma[, sig]])

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
value 評価対象の標本値です。母平均 0 が仮定されます。他の平均について検定する場合は、標本値からその平均値を減算します。
weight value の各サンプル値は、weight に対応する重みに従って、1 回または複数回カウントされます。
sigma 標準偏差がわかっている場合は、sigma に記述します。sigma の記述を省略すると、実際のサンプル標準偏差が使用されます。
sig 両側有意水準は、sig で指定します。指定されない場合、sig は 0.025 に設定され、その結果として信頼区間は 95% になります。

Limitations:  

数式にテキスト値、NULL 値、欠損値が含まれていると、この関数は NULL を返します。

Example:  

ZTestw_conf( Weight, Value-TestValue)