レコード間関数

レコード間関数は、次のスクリプトと数式に使用します。

  • ロード スクリプト (現在のレコードの評価に以前にロードされたデータのレコード値が必要な場合)
  • チャート式 (チャートのデータ セットからもう 1 つ値が必要な場合)
注: チャート式でチャートのレコード間関数を使用する場合、チャートの Y 値やストレート テーブルの数式列のソートはできません。よって、これらのソート機能は自動的に無効になります。
注: QlikView 12.00 以降では、ゼロ値を隠すことがデフォルトで有効になっています。レコード間関数の使用時に QlikView 11.20 と同じ動作を保持する場合は、ゼロ値を隠すことを無効にする必要があります。[チャート プロパティ] を開いて [プレゼンテーション] タブに移動し、[0 値を隠す] の選択を解除します。
注: 自己参照型の数式の定義は、含まれる行が 100 未満であるテーブルでのみ信頼して作成することができますが、Qlik エンジンが実行されているハードウェアによって異なります。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

行関数

これらの関数は、チャート式で使用できます。

列関数

これらの関数は、チャート式で使用できます。

項目関数

ピボット テーブル関数

これらの関数は、チャート式で使用できます。

ロード スクリプトのレコード間関数

See also: