箱ひげ図ウィザードによるデータの定義

X-軸用の を選択します。このウィザード終了後は、チャート プロパティ ダイアログからいつでも軸の追加や変更が可能です。

箱ひげ図集計枠 を選択します。箱ひげ図集計枠は、数式が演算する場合に反復される値です。

最後に、数式 を定義します。数式は、チャートに表示される計算値を定義します。数式は、通常、棒グラフの y-軸に表示されます。QlikView では、短くて単純な数式から長くて複雑な数式までさまざまな数式を作成できます。ここでは自分で数式を最初から入力できます。

このウィザード終了後は、[チャート プロパティ] ダイアログからいつでも数式を変更したり追加できます。